交通違反 取り締まりのおかしな実態

葛飾区のArio亀有のゲームセンターにあるこち亀の原寸大派出所お勧め

交通違反をしてから取り締まるのでは遅い! 事故をおこし、手遅れになる場合だってある!
しかし、警察はなぜ隠れて待ち伏せをし、”違反するのを待って”から捕まえようとするのか??

なぜ、事前に違反を防ごうとはしないのか?
事故がおきてからでは遅いのに・・・

道理に反している! 不条理だ!

検察庁の幹部(ナンバーツーである東京高等検察庁検事長)は、賭け麻雀をして法を犯してバレても何の処罰もなく、たんまりと退職金をもらって辞めることができるというのに。
賭けているレート(金額)が低かったから問題ないだと? 2万円でも普通に人には大金だよね? 法を取り締まる立場の人間が法を犯して賭け事をしたっていうのに、掛け金が安かったので問題ないって? 
だったら、人から金を盗んだり騙し取ったりしても、その金額が1万円くらいだったら、まったく問題がないってことと何ら変わりはないと思いますがね。 

スポンサーリンク

はじめに。

僕は警察があまり好きではありません。
僕は過去に、警察によって陥れられた嫌な経験があります。だから警察に対する不信感は人一倍あります。
彼らは特別でもなんでもありません。ボランティアではないので、お金をもらって働いています。仕方なしに生活の糧として働いている人だって中にはいるでしょうし、業務内容に不満を持ちつつ働いている人もいるでしょう。まあ、人間ですからね。
ただの人間なので、もちろんいい人もいるし、悪い人もいます。
交通違反もするし、悪い事もするし、みんなと同じように普通に生活している。
子供の頃は、警察は正義だと思っていました。先生も含め、大人もみんな正しい。政治も完璧だと思っていました。(まあ、いい時代に生まれたという事なのでしょうけど。) 
そして、大人になってわかりました。 大人ってこんなに”子供”だったんだ、世の中ってこんなにひどかったんだと。政治も含めみんな完璧ではなかった。幻滅しましたね。

世の中には善人もいる、悪人もいる。
よく言えば”バランスよく保たれている”のかもしれません。 
なので、僕は警察が好きじゃないとは言っても、警察官すべてを否定するわけではありません。中には正義感を持っている人だっているでしょう。
どんな業界でも同じです、政治家だってそうです。金と自分のことしか考えてないカスだっていますし、本当に世の中の事を考えている人もいます。
人間ですから、いろんな人がいます。

ただ、絶対にあってはならないはずなのに、とんでもない犯罪をおこす警察官も多いのは事実。
日頃入ってくる警察官による事件のニュースを見ていると、ありとあらゆる犯罪の見本市のような状態です。

警察官の犯罪白書 | 宮崎 学 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで宮崎 学の警察官の犯罪白書。アマゾンならポイント還元本が多数。宮崎 学作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また警察官の犯罪白書もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

窃盗、殺人、暴行、傷害、詐欺、強姦、痴漢、盗撮飲酒運転、覚醒剤 etc...
「悪いことなんでもやってやる!」的な感じ。しかも、これらの犯罪は過失ではないですからね。ひどすぎます。
『こち亀』の両さんの行動がかわいく見えてくるほどにひどいです。
警察の看板背負ってるなら、もっと責任を持って、本当に世の為人の為に、正義を貫いてほしい。プロなんだから。

僕は納得いかない取締り方法をしている警察官に質問をする事があります。
「そういう取締り方って、常識的に考えておかしいとは思いませんか?」 
「どう考えても矛盾じゃないですか?」
「あなた個人的にはどうお考えですか?」
そうすると、「おっしゃる通りではありますが、仕事なのでやるしかないんです」
と言う警察官はたまにいます。
自分ではおかしいと思いながらも、仕事だから言われるがまま仕方なしにやっている、という事でしょう。
でも、そう思うなら問題定義として上司に報告し、会議にかけて改善していかないといけないと思うんですね。
普通の会社ならそうでしょう。お客さんからクレームがあったら、それを改善していく。そしてそれが企業の成長にも繋がります。でも、警察は組織として成長する必要はないと思っているんでしょうね。個人個人が成長(昇進)できればそれでいいんでしょう。
だから、そういう事は議題にもしないんでしょう。おかしいとは思っても上司には逆らえないと。
いや、逆に犯罪や違反がなくなったら仕事が減るから、増えて欲しいのか???
確かに違反金も大切な資金の一つでしょう。
だから、”どこでどうやったら違反車を多く捕まえられるか”、とかそういう会議はしてるかもしれませんね。
でも、本当に危ない事をしている人は取り締まらないんです(取り締まれない)。
特に暴走族はなかなか取り締まれない。暴走族の後をパトカーが赤色灯回してついていってたまに「やめなさーい」とか叫んでるだけ。目の前で完全に交通違反をしているのに手も出せない。おちょくられてるだけ。
その腹いせに、その辺の取締りやすい場所を選んで、ちょこっと違反した一般人の揚げ足を取って憂さ晴らしでもしているんでしょうかね。

僕は取締り自体は否定しません。
飲酒検問などは大いに結構(飲む方が悪い)。
暴走車や煽り運転などは、有無を言わさずどんどん取り締まるべきだと思います。
要は、過失ではなく故意に行われている違反はどんどん取り締まるべきだと思います。(もちろんそういうのもやっているとは思いますが、なかなか捕まえられないのが現状でしょうけど)
ただ、”人が違反しそうな場所を見つけて、わざわざ隠れて違反するのを待ち構える”というようなやり方はどう考えてもおかしいと思うんですね。
わざとそういう環境を作って獲物を待つなんて、まるで”アリ地獄”や”クモの巣”みたいな。
要は虫けら・・
いやいや、虫は生活(人生?)かかってますからね。 でも警察の無駄な取締りには生活はかかってない。警察官という職業に就いている以上、給料はもらえるし!
そんな暇と人員があるなら、違反しないように事前に食い止める努力をするべきです。
ちゃんと給料もらってるなら、世の中の役に立つような、もっと正当な仕事(業務内容)をしろよと思うんです。 

警察官は交通安全を願ってる? 自分達の実績の事しか考えてなくないか? 

交通違反の取り締まりを見ていると、『本当に交通安全を心から願っているなら、そんな事 しないだろう』という内容のものばっかりです。
本当に心から「交通安全」を願って取り締まりをやっている警察官は、まずいないでしょうね。これは断言できます。
だって、本当にそう思ってるなら、違反を起こす前に事前に食い止める努力をするはずです。
交通違反をするということは、危険な行為をするということになりますよね? やったら危ないから法律で制限している(はずな)わけです。ということは、交通違反をするということは事故を起こすリスクが増えるということですよね? 
でも、彼らは、誰かが交通違反するのを陰に隠れて見張ったりしてるんです。 事前に食い止めようとしない!
要は、危険な状態になるのをわかってて待っているんです。期待しているのです。
殺人事件が起きるのを今か今かと楽しみに待ち構えているのと、なんら変わりはないです。
事故が起きてからじゃ遅いんですけどね。
その事からも、交通安全なんか全く願っちゃいないという事がよくわかります。
そんなに仕事が欲しいの? 暇でしょうがないの?

白バイやパトカーの追尾取り締りに関しても同じです。スピード違反をする(しそうな)車を見つけて、猛烈なスピードで追いかけて取り締まるのです。まあ、追っかけないと捕まえられないですがね....
獲物を追いかける為に、白バイが猛スピードで僕の車の横をサイレンもなしに突然すり抜けてヒヤッとした事もあります。 
高速道路を走っていると、スピード違反しているカモを探す為なのか、赤色灯も回さずに猛スピードで走っていくパトカーや白バイもよくみかけます。こっちは法定速度ピッタリで走ってるのに、なんでどんどん先に行って見えなくなっちゃうんだ? みたいなこともよくあります。

先にも書きましたが、僕は取り締まりを否定はしませんが、汚い取締方法に矛盾や疑問を感じています。
同じように考えている人も大勢いるのを知っています。
警視総監に手紙書いても読んでくれないだろうし、聞いてもくれないだろうし、一人でモヤモヤしているのも嫌なので、非力ながらも問題定義として記録を残しておこうと思い、この記事を書きました。

特例とか、そういう問題ではない。交通安全の本質を問いたい。

これから挙げる実例に関しては、「警察活動には”特例”があるから、問題はない」として片付けられてしまうものもあるかもしれません。
「いや、その場合は法的には許されるんだよ」という事例もあるかもしれません。
でも、僕が訴えたいのは、取り締まる側は、交通安全の本質というのを忘れていないか?ということです。

“絶対に交通安全とか考えちゃいない。自分達の手柄の事しか考えてない。”というような内容の取り締まり方法には納得がいきません。

僕が疑問に感じた警察のおかしな取り締まりの実態を以下に紹介します。

まずは、写真はないですが、Uターン禁止の取り締まりについてです。

Uターン禁止場所というのは、Uターンしたら危険だからUターン禁止になっているんじゃないの?

うちの近所には、Uターン禁止(転回禁止)の場所が2カ所程あって、そのどちらも取り締りを頻繁に行っています。
Uターン禁止の場所でUターンしてしまった車の取締りをするために、少し離れた場所の路肩(ちなみにそこは駐車禁止場所)にパトカーをとめて、Uターンをする車をずっと待ち構えているのです。けっこう長時間、辛抱強く待っています。
駐車禁止の場所にずっとパトカーを停めていてもいいのか?(そんなにヒマなの?)そこは、駐車すると危ない(邪魔だ)から駐車禁止になっているんじゃないのかな?
そして、Uターン禁止場所というのは、Uターンしたら危険だからUターン禁止になっていると思うのですが、警察はわざわざUターンする車を待ち構えて、違反した後に捕まえるのです。
違反してからは手遅れな場合もあります。違反した場合は事故になる可能性だってあるんですからね。それを事前に食い止めるのが、本来やるべき事ではないでしょうか? 
包丁を持った人が現れても、ちょっと様子を見て人を刺すのを影に隠れて見届けてから、「おまえ今人を殺しただろ!俺は見てたぞ!」と犯人を逮捕するのと同じです。 
要は手柄を立てたくてしょうがないわけですね。

「早く人が殺されないかな〜 大事故起きないかな〜 誰か交通違反してくれないかな〜」

しかし、違反してからじゃ遅いんです、殺されてからじゃ遅いんです。
しかも上述の取り締まりのパトカーがずっと待ち構えている場所は、駐車禁止場所なのです。本末転倒です。
仮にそういう取り締まりの方法が法的には問題ないとしても、危ない場所にパトカーを停めていることに変わりはないのです。
違反だとか違反じゃないとかそういう問題ではなく、危ないか危なくないかが大切だと思うのです。

駐車禁止の場所でパトカーに乗ってじっと違反する車を待ち続けているヒマがあるんなら、その交差点(中央分離帯あり)に交通整理のように警察官が立って、違反してしまいそうな車に注意を促せばいいのではないでしょうか? 
もしくは、『ここはUターン禁止です。』と書いたでかい看板を持って立ってればいいんですよ。それだけで効果は絶大です。 そっちのほうが、はるかに世のため人のためです。
でも、そんな対策は一切せず、違反する車を、隠れて遠くから今か今かとずーっと待ち続けています。ひまなんですか?ほかにやることないんですか?
その取締りは、警察官二名でやっています。
二人分の人件費(国家予算?)が、そういう無駄なことに使われているんです。

『エアコンの効いた車内で違反車を待つだけの簡単なお仕事です。』

そういうのを見た子供が、
「らくそうだなぁ。あれでおかねもらえるのか!じゃあぼくもしょうらいはけいさつかんになろう!」
となり、さらに警察官の質を低下させる要因にならなければいいですけど・・・。

スピード違反の取り締まりもそうですが、違反する車が多い場所をわざわざ見つけて(もしくはわざとそういう環境にしているように思える)取り締まっているとしか思えません。
本来は、違反する車を待ち構えるのではなく、違反をしないようにさせる努力をするべきだと思うのです。
違反を事前に食い止める事が、本当はやるべき事であり、あるべき姿ではないででしょうか?

本当に交通安全を願っているのであれば...

一時停止しない車を、隠れて待ち伏せしている警察官たち

 一時停止しない車を、隠れて待ち伏せている警察官。

違う角度から見たところ。

二人が立っている場所は、左から来る車の合流スペースです。車道です。
画像左側から来た車が(一時停止になっています)合流しようと出てきたら、急に車道に警察官二人が立っていてびっくり、慌ててスピードを落としたら、右側からカーブを曲がってきた車に突っ込まれてしまう事が考えられます。画像の右からくる車にとっては角度90度の見通し悪いカーブになっていますし。
事故を誘発してしまう可能性大です。
これでは、”あぶない刑事(あぶないデカ)”ならぬ、危ない警察官ですね。
あ!しかもそのカーブの先にパトカーを路駐してる・・・。そこ、駐車禁止なんですけどねぇ。(駐車禁止の看板の下だし!)
あと、二人で待つ意味あるのかな? そこに二人も人員を割く? 暇なんですかね?
違反車に「いや、私、間違いなく止まりましたから!」と言い張られた時に「警察官二人で現認した」と強く出たいからでしょうか?? 

でも、一人でやっている時も多いです。
↓しかも、この人は車道に自転車を駐輪してるし。

ほんとに交通安全願ってるなら、わざわざそんなところに隠れて違反する車を、今か今かと待ち伏せたりしないよね?
そんな暇があるなら、一時停止のところに立って、しっかりと一時停止を促せばいい。
事前に違反や事故を防ぐ努力をしなさいよ。

↓この人は車道に出過ぎ!!! 右からカーブを曲がってくる車にも、左側から来た車にも轢かれるおそれがある。さらにこの人も自転車を車道に駐輪しています。 何考えてんだ!

本当に交通安全を願っているのならば、違反するのを隠れて待ち構えるんじゃなくて(しかもこの警察官が立っているところは車道)、手前の歩道の一時停止線の横に立って、一台一台に「ちゃんと一時停止してくださいね」とアピールするのが筋じゃないのかな?
しかも、消えかかっていてほとんど読めなくなっている道路の『止まれ』の文字も早急に書き直したほうがいいんじゃないの?

次のページに続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました