セブンイレブン『鬼も逃げだす!鬼旨辛担々麺』

鬼旨辛担々麺お勧め
辛さ満足レベル:
旨さ満足レベル:
※レベル表記方法についてはこちらのページを。
スポンサーリンク

節分商法の担担麺?

セブンイレブンから、鬼のパンツのデザインの担々麺が発売されていました。
その名も『鬼も逃げだす!鬼旨辛担々麺』です。

唐辛子が別添されています。

辛味に関する注意書きもあります。
鬼のパンツデザインのせいで、全然辛そうに見えないんですけどね。

表のパッケージには『鬼も逃げ出す』とは書かれていないのですが、うしろのシールの商品名は『鬼も逃げだす!鬼旨辛担々麺』と書かれていました。
節分企画商品ということは、豆を撒いて鬼を追い出すのではなくて、担担麺をぶちまけて鬼を退治してくださいということなのでしょうか?
まあ、豆を撒いても担担麺をぶちまけても、結局後片付けが大変なのは自分なんですけどね。
子供の頃に豆まきをして、豆まいたあとに自分で掃除して、撒いた豆は汚くて食べられないし、「僕は何という無駄なことをやっているんだろう」と虚しくなった事があります。

このシリーズは、先日セブンイレブンで買ったオニギリ『節分鬼斬り 鬼旨辛 赤唐ホットチキン 青唐辛子ガーリックチキン』と同じシリーズなんですね。 

同じ”鬼のパンツ”デザインです。   
賞味期限が1月22日のため、節分に遥かに間に合わなかった”節分鬼斬り”と違って、この担担麺の賞味期限は2月4日なので、節分には間に合いますね。

どこで買った? いくらだった?

東京都港区のセブンイレブン芝浦ふ頭店で購入。
価格は税込で486円でした。

原材料チェック

『その他』という原材料が非常に気になりますが・・・。
醤油ベースで、ねりごまやすりごまが多く使われています。
表記されている原材料を見る限りはそんなに甘くはなさそうです。

添付の唐辛子は、ちょっと多めです。原材料を見ると唐辛子以外のものは使われておらず、純粋な唐辛子なようです。
重さを計ってみたら、風袋も込みで5グラムでした。 なので4グラムくらいですかね。

作ってみます。

調理時間は、500Wの電子レンジで5分40秒です。 

おぉ〜。いい色!! 
まあ、着色料としてパプリカ粉なども使っているせいもあるのでしょうけど。


ごまの香りも強く、見た目も美味しそうです!

ただ、モヤシが・・・・。 なぜ担担麺にモヤシを入れるんだ!!!
しかも結構な量だし。
担担麺にモヤシ入れるなんてコンビニのチルド担担麺くらいじゃないかな?
前にもどこかのコンビニの担担麺にモヤシが入ってたなぁ。
あとは、水菜も入っているし。 水菜は彩り為の賑やかし用かな? 
ここはスタンダードにネギと青梗菜かほうれん草を入れて欲しかった。

食べてみます。

まずは唐辛子を入れずに食べてみます。

辛さに弱い人は、この赤い色だけで辛そうだと敬遠するかもしれませんが、唐辛子を入れない状態では辛味はほとんどありません。 
花椒の風味も少し感じられますが、痺れ(麻味)もほとんどありません。

でも、これはなかなか美味しい!!
麻辣は弱くても、基本の味が良いです。
胡麻味も強く、濃厚です。
甘さも控えめです!!

ただ!!!!
もやしは合わない!!!

なぜモヤシを入れたんでしょうか? 食感にメリハリをつけたいから?
食感はまだしも、モヤシ臭さが美味しさをちょっと邪魔してます。
僕がもやしが好きじゃないというのもあるかもしれませんけどね。
でも、同じものを食べた友人(もやし嫌いじゃない人)も、「もやしは合わない」と言ってました。
もやしは入れない方がいいなぁ。

そのほか、細かくみじん切りにされた筍や椎茸も入っていますが、それは合っていると思います。

担担麺としてはクオリティ高いと思います。
日清食品が作る冷凍の担担麺『辣椒担担麺』と似たような味です。
僕はこの日清の冷凍『辣椒担担麺』は僕は結構好きで、たまに買ってます。 
美味しいし、コスパがいいんです。⬇︎

日清食品『Goo Ta 辣椒担々麺 辛口芝麻醤味』 - ドラマー涼の激辛ブログ『Eat with fire!』
日清食品『GooTa辣椒担々麺辛口芝麻醤味』辛さ満足レベル:☆☆+旨さ満足レベル:☆☆☆☆☆※レベル表記方法についてはこちらのページを。僕が好きな日清の冷凍食品の担担麺。『GooTa具多辣椒担々麺辛口芝麻醤味』これ、ちょくちょく改良されているようですが、もう10年以上前からあるロングセラー商品です。日清の担担麺はカップ...

辛いの?

唐辛子を入れない状態ではほとんど辛味はありませんでした。
これじゃ鬼は逃げないどころか、喜んじゃいますよ!!

添付の唐辛子を全量投入してみます。

唐辛子は中国産っぽい感じの、普通の唐辛子です。
ちょっと舐めてみました。 
まあ、普通の唐辛子です。
ブレンドっぽい感じもありますが、激辛系の唐辛子は入っていないようです。

全量唐辛子で、そこそこ辛味は増しました。
この製品の辛さは、後入れの唐辛子に全依存している感じです。

一般的な市販の一味唐辛子を入れたような普通の辛さです。
辛さに苦手な人にはきついかもしれませんが、普通に辛いものが好きな人なら食べられないから差ではないはず。
でも激辛マニアな人には全く物足りない辛さだと思います。

まあ、この程度の辛さで逃げる鬼はあまりにもショボすぎます。(笑)

やはりここは、七海涼辛子と花椒とガーリックパウダーを追加でしょうか。
基本の味が美味しいので、味変も楽しめます。

機会があったらもう一度買ってみよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました