エースコック『ど・みそ こってりビリ辛みそらーめん』

ど・みそ こってりピリ辛辛い食品の話題
辛さ満足レベル:
旨さ満足レベル:
※レベル表記方法についてはこちらのページを。

『東京スタイルみそらーめん ど・みそ(Do・Miso)』のカップ麺

『東京スタイルみそらーめん ど・みそ(Do・Miso)』は、東京都中央区京橋に本店がある味噌ラーメン専門店です。
そのお店の味噌ラーメンをカップ麺化した商品のようです。
12月から実店舗でもこのメニューを出すとの事。

『一度は食べたい名店の味。 熱湯5分で行列回避!?』とのキャッチコピーが書かれています。
僕は、東京都江東区豊洲にある”ららぽーと豊洲”内にある実店舗に行った事がありますが、行列はしていなかったような・・・・。
ただ、ららぽーと豊洲のレストランは、土日などのピーク時にはどこも並ぶので、時間帯によっては行列ができているのかもしれません。

花椒入りの味噌ラーメン?

お店の看板メニュー『特みそこってりらーめん』をアレンジしたものらしいです。
僕が実店舗を訪問した時(数年前です)は何を注文したか覚えてないのですが、僕はコッテリ好きなので、おそらく『特みそこってりらーめん』を注文しているのは間違いないですね。
赤味噌をベースに鶏豚と魚介のダブルスープに背脂を入れ、唐辛子とたっぷりの花椒を利かせているとの事。

どこで買った? いくらだった?

東京都内のローソンで購入。 価格は232円(税込み)でした。
コンビニ購入なので定価でしょうけど、若干割高に感じます。

中身は?

具はあらかじめ麺と粉末スープと一緒に入っています。
別添の液体スープは、カップの中に入っているので、取り出すときに粉末スープが袋にまとわりついてきます。これはどうもいただけない・・・。 

麺は太めなので、湯戻し時間も5分と長めになっています。

出来上がり。

具は、コーン、肉そぼろ、もやし、ニラ、唐辛子です。
4種類の具ですが、それぞれの量が少ないので豪華さはありません。

よくかき混ぜてから・・・。液体スープを投入し、さらにかき混ぜます。
液体スープは、味噌のような感じでした。ラー油も入っています。

食べてみます。

確かにコッテリ濃厚!
嫌な甘さもなく、「これぞ味噌ラーメン」と言ってもいいくらいに王道な味。
そうか、こういうラーメンが東京スタイルの味噌ラーメンなのか!
と言っても、北海道(札幌)味噌ラーメンとの違いがよくわからない僕であった・・・。
魚介だしが入っているそうですが、魚介だしがあまり好きではない僕でも気にならない程度でした。とにかく味噌の主張が強く、味噌ラーメンらしい味噌ラーメンだと思いました。
カップの味噌ラーメンは味噌っぽく無い味噌ラーメンも多いですから。
これは納豆を入れてもバッチリ合うと思うし、白飯も欲しくなる味。家に納豆があったら途中から入れたのに!

太めの麺の食感も悪くないです。

ところで、辛いの?

“ビリ辛”という事なので、花椒だけの辛さだと思ってましたが、唐辛子の辛さも一応あります。
むしろ、花椒のしびれの方が弱いくらい。 食べ終わっても、口の中には痺れはそれほど残りません。
せっかくだからもっと花椒を効かせればいいのに、と思ったほどです。
でも、花椒初心者には程よい痺れかもしれません。
最近は『麻辣ブーム』で、麻辣商品や花椒が使われた食品が沢山出ていますが、それでも花椒を食べた事がない人はまだまだ沢山いるんでしょうね。

でも、麻辣はかなり控えめです。 『ビリ辛』を謳うのならもっとしっかり麻辣を利かせて主張させて欲しかった!

でもまあ、普通においしかったです。

もし、実店舗で食べるとしたら、麻辣を最強にしてもらって、モヤシ抜きのニラ増しにしたい。(できるかどうかは不明ですが。)
そして、納豆トッピングがあったら入れたい。(ないだろうな。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました