カルディ(KALDI)『炎の辛味噌タンメン』

辛い食品の話題
辛さ満足レベル:
旨さ満足レベル:
※レベル表記方法についてはこちらのページを。
スポンサーリンク

カルディのPB(プライベートブランド)の辛味噌タンメン

有名なフードストア(食材店)『カルディ』のラーメンで、『炎の辛味噌タンメン』というのが出ていたので買ってみました。

『炎の』と付いているので、普通よりは辛めの味付けなのではないかと思われます。

味噌ラーメンと味噌タンメンとは何が違うのかはわかりませんが・・・。

僕の解釈では、日本におけるタンメンとは、野菜が多めに入っているラーメンを指している事が多い気がします。

ラーメンの上に具をトッピングするのではなく、鍋でスープと野菜と肉を一緒に調理して、野菜の旨味もスープに出す感じかな?

ちなみに、タンメンは関東以外では馴染みが薄いらしい。(でも、最近では岐阜タンメンとかもあるよね。)

今回買ったカルディの辛味噌タンメンには、2種類の北海道味噌を使っているんだそうです。 

甜麵醬や豆板醤も使ってるそうで、さらにはキャベツや玉ねぎの旨味(エキス)も加えているそうな。

説明を読む限りでは、美味しそうな感じしかしません!

カルディが販売者(キャメル珈琲はカルディの運営会社)ですが、麺は北海道江別市の”菊水”というメーカーが製造、スープは北海道小樽市の和弘食品が製造しています。 スープと麺はそれぞれのエキスパートに分業させているところにもこだわりが見えます。

スープを作っている”和弘食品”は、あまり聞いた事がない名前ですが、北海道小樽市の調味料製造会社で、日清オイリオの関連会社らしいです。主に業務用のスープを作っているようなので、一般消費者には馴染みが薄いのかもしれません。

業務用調味料の和弘食品
北海道小樽市。たれ等調味用うま味素材の製造・卸。企業・IR情報、製品紹介。



麺を作っている”菊水”は北海道江別市の製麺会社で、インスタントラーメン好きな人なら一度は耳にした事あるはず。生麺や乾麺のインスタントラーメンを作っていて、スーパーマーケットとかで売られているのもよく見かけます。 特に生麺(チルド商品)が多い気がします。名前を知らない人でも、知らず知らずのうちに菊水のラーメンを食べているかもしれません。北海道のラーメンの有名店シリーズも色々出しているメーカーです。

寒干し 札幌ラーメン白樺山荘 味噌12人前
寒干し 札幌ラーメン白樺山荘 味噌12人前がラーメンストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
「札幌ラーメン味噌味 乾麺」北海道の札幌ラーメン味噌味 純連 (じゅんれん) 味噌味 乾麺 2個セット(1人前×2)(スープ付) 菊水
「札幌ラーメン味噌味 乾麺」北海道の札幌ラーメン味噌味 純連 (じゅんれん) 味噌味 乾麺 2個セット(1人前×2)(スープ付) 菊水がラーメンストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
【札幌ラーメン けやき 乾麺】北海道のみそラーメン けやき 1ケース(12食入)【札幌 ラーメン 人気店】寒干しラーメン
【札幌ラーメン けやき 乾麺】北海道のみそラーメン けやき 1ケース(12食入)【札幌 ラーメン 人気店】寒干しラーメンがラーメンストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

どこで買った? いくらだった?

KALDI(カルディ)ブランドなので、カルディで買いました。

価格は税込みで172円でした。

けっこう前に買ったんですが、まだ売っているようなので、定番になってるのかな?

カルディは流行に敏感な分、すぐに商品を入れ替えてしまうからなぁ。メーカーと契約して一度に大量に作って、それが売り切れたら終わりにしたりしているんだろうか?

原材料チェック。

麺は、”寒干し麺”ということで、油では揚げていないノンフライ麺のようです。

スープはもちろん味噌がメインですが、砂糖が多めに入っているのがちょっと気になります。(原材料は使用料の多い順番に記載する事になっています)

キャベツエキス、ジンジャー、オニオンエキスなどの野菜エキス類が入っているのがこだわりのようです。

作ってみます。

袋の中身は、液体スープと乾麺のセットです。 

具などは一切入っていません。

作り方としては、野菜類は少なめで最後に盛り付ける(トッピング)ようなので、一般的に言われているタンメンとはちょっと違う感じがします。

おすすめの具材は、ネギ、モヤシ、ニラ、煮玉子だそうですが、家にはどれもなかったので素のままで食べる事にしました。

麺を茹でるお湯の量は600mlという指定がありますので、そのままスープを溶かすのかと思いましたが、麺はお湯切りをすることになっているので、厳密に600mlは計らなくて良いようです。 

スープの素を丼に投入。

味噌の量がなかなかすごいです。 スープの袋、ちょっと重めだったもんなぁ。

そしていい色をしている!!!

着色料は使われていますが、そそる色あいです。

スープを溶くお湯の量は220mlと、比較的少なめです。この量のスープを220mlのお湯で溶くとなると、かなり濃くなりそう!

完成! 食べてみます。

おお、これはいい色だ! 具を入れなくてもおいしそうに見える!

まずはスープから・・・・

濃い! コクがある。

おいしい!! んだけど・・・・

甘い・・・・

ちょっと甘すぎないか?

味噌味はとても良いです。 こりゃ味噌ラーメンの見本のような味だ!

でも、甘い・・・。 甘すぎる・・・。

麺はストレートの中太麺。 ツルツルしていて食感が良いです。

僕は硬めの麺がすきなのですが、標準の湯で時間(4分)でもそこそこの硬さと歯応えがあって、いい感じです!

辛い?

先にも書きましたが、

甘いです!!! 

そこそこの辛味はあるものの、辛さと同じくらいのレベルの甘さが襲ってきます。

なんでこんなに甘くした????

辛さとしては、一般的な日本の『辛口』を謳う食品等よりも少しだけ辛い感じで、そこそこのピリ辛感はありますが、甘さがその辛さを邪魔しています。

S&Bの粗切り唐辛子ペースト七海涼辛子を入れてみましたが、当然ですが甘さは変わりません。

甘ささえ抑えれば僕の中ではリピート買いレベルの評価だったのに!!

コクも申し分ないし、味噌感もばっちりなのよ。

具材としては、豚肉、ニンニク、ニラ、キャベツ、ネギとかが合うだろうなぁ。


味噌感が非常に良いので、納豆を入れたらめちゃくちゃ合いました! 

納豆との相性が非常に良いです。 これで甘くなければ完璧!だったのに!

甘くするなとはいいませんが、隠し味程度にして、ここまでハッキリ甘くしなければいいのに・・・。 せっかくの辛さも台無しだしになっている感じです。

好みはあるでしょうけど、これは甘くない方が絶対いい・・。

砂糖は入れないで、味噌と甜麵醬の甘さだけでも充分じゃないのかなぁ。

日本人って本当に砂糖とか甘いもの大好きなんですよね。なんにでも砂糖とかを入れて甘くしたがる・・。

いやー、惜しい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました