アドバンス『もやしのためのタレ 激辛』

アドバンスもやしのためのタレ辛い食品の話題
辛さ満足レベル:
旨さ満足レベル:
※レベル表記方法についてはこちらのページを。
スポンサーリンク

もやし専用のタレ

“もやし”専用のタレです。

“激辛” だそうです。

しかし、僕はもやしが好きではありません。 
もやしが入っているラーメンは基本的には食べませんし、野菜炒めとかにモヤシが入っているのも嫌です。
モヤシの風味が苦手なのです。 
ただし、韓国料理の”豆もやしのナムル”は大好きです。豆もやしナムルは、もやし独特の風味がないからなんだと思います。
僕は生の大根(大根おろしとか)は嫌いなのに、ナムルの大根やタクアンは好きですし、
生キュウリは吐き気がするくらい苦手なのに、キュウリの柴漬けは好きです。
だから、モヤシも、もやしの風味がなければ食べられるかも。

そんな僕が、『もやし専用のタレ』を買ってしまいました。

『激辛』と書かれていたからです。

まあ、『激辛』と書かれていなかったら絶対買わなかったでしょうね。

アドバンスもやしのためのタレ

最初、パッケージを見た時に『もうやんカレー』のタレかと思いました。
これが『もうやんカレー』⬇︎

(もうやんカレー) もうやんカレー レトルト/ポーク
(もうやんカレー) もうやんカレー レトルト/ポークがカレーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。



『もやしのためのタレ 激辛』は、豆板醤とごま油を使っているというアピールがされていますが、これがウリなのでしょうか?



こういうタレ系の商品って、そのほかの色々な料理に応用できるような説明があったりしますよね。例えば、「もやし以外にもサラダのドレッシングとして」とか「唐揚げのタレとして」とか。

でも、そういう事はどこにも一言も書かれていません。
本当に『モヤシ専用』として作られたのかもしれません。

どこで買った? いくらだった?

江東区豊洲(東京)のスーパーAokiにて購入。

価格は、税込みで225円でした。

原材料やカロリーをチェック

糖類(果糖ふどう糖液糖)が多めに使われているので、甘そうだなぁ。 
甘味料(ステビア)も使われてるし。ほんとに辛いんだろうか?
日本人はなんでも砂糖とか入れて甘くしたがるからなぁ。

ところで、いつも思うんですが『果糖ふどう糖液糖』って、”糖”が3回も出てくるんですよね。どんだけ甘いんだ?

一般的なサラダ用ドレッシング並のカロリーです。まあ、高くもないし低くもない。

作ります。

まずは、スプーンに出して、ちょっと舐めてみました。

甘いです・・・。 でもさすがにしょっぱさも強め。
モヤシにまぶして味付けをするためのものなので、味が薄かったらしょうがないですからね。

しかし、タレだけ舐めるとそんなに美味しくはない・・・・。
酸味があり、辛味はとても弱いです。
これをさらにモヤシと和えたら、ちょっと僕は食べられないかもなぁ?

もやしは、電子レンジで加熱調理してもいいのでしょうけど、僕はあえて茹でてみました。
茹でた方が、苦手なモヤシの風味が水に出て(抜けて)いくんじゃないかと思って・・・。

どれくらいが適量なんだ?

茹でたもやしに、このタレをかけで和えるだけで出来上がりなのですが、どれくらいのモヤシの量に対して、どれくらいの量のタレを使ったらいいのか、目安さえも書かれていません。
しょうがないので、適当にぶっかけてみました。

タレの量が多ければモヤシの風味もごまかせるかと思って、タレを多めにかけました。

食べてみます。

赤っぽかったタレの色も、モヤシに和えたら赤みが少なくなりました。
画像では、ほぼ赤みはありませんが、実際にはもうちょっと赤っぽく見えました。

で、食べてみると・・・・。

あら、意外と食える!!
不思議ともやしの風味はしません。
茹でたおかげで臭みが逃げたのか、それともタレの風味にうまくごまかされたのか?

味は、豆板醤というよりは、韓国のコチュジャンのほうが主張している感じです。 
ごま油の風味も酸味もほどよい感じ。
さすがに甘みはちょっと強めではありますが、懸念していたような嫌な甘さはありません。
モヤシ嫌いな僕でも食べられる風味になっていました。
この味なら僕は食べられます。
すごく美味しいとは思わないけど、もやしが苦手な僕でも意外と抵抗なく食べられます。

モヤシ嫌いの僕がもやしを抵抗なく食べられるようになるタレ
であった!

だからと言って、今後もすすんでもやしを食べるつもりはありませんけどね。


あ、もしかしたら普通のモヤシではなくて”豆もやし”を使ったらもっと良いかも。

辛い?

タレをスプーンに出して直接舐めた時よりも、もやしに和えて食べた時の方が辛味は強く感じました。 なぜだかはわかりませんが・・・。

ただ、 確かに辛さはありますが、ピリ辛に毛が生えた程度です。

辛いのがとても苦手な人にはちょっと辛いかもしれませんが。
これは”激辛”というにはあまりにも辛味が弱すぎます。

せっかくなのでもっと甘味を抑えて、辛さを主張させればいいのに!

まあ、もやしが大好きな人にはおすすめのタレかもしれません。

いや、もやしが大好きな人はモヤシの風味を楽しみたいかもしれないので、逆にモヤシの味がわからなくなることを嫌がるかもしれませんね。

=======追記=======

豆もやしで食べてみました!

見た目は全然おいしそうじゃないですが、なかなか美味しかったです。
やはり僕は豆もやしのほうがいいです。

ちなみに、この豆もやしは、買ってきた袋のまま電子レンジで調理できる”サラダコスモ”社の豆もやしを使いました。サラダコスモ社の豆もやしは、機能性表示食品なのです。(大豆イソフラボンを含む食品)

大豆イソフラボン子大豆もやしとは? - サラダコスモ公式ブログ

普通のモヤシを食べるより身体に良さそう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました