セブン&アイ『激辛チキンカレー』

激辛チキンカレー辛い食品の話題
辛さ満足レベル:
旨さ満足レベル:
※レベル表記方法についてはこちらのページを。
スポンサーリンク

セブンイレブンに、ブートジョロキア入りのカレーが!

セブンイレブンで、ブートジョロキア入りの『激辛チキンカレー』というのを発見しました。

激辛チキンカレー

しかも、セブンイレブン(セブン&アイグループ)のプライベートブランド『セブンプレミアム』の商品です。 (作っているのはエスビー食品ですが。)
セブンのオリジナル商品で激辛系のものが発売されるとは!

パッケージ表面に、目立つように”辛さに関する注意書き”が書かれています。

「小さなお子様や辛味が苦手な方はご注意ください。」と書かれていますが、
小さなお子様は注意しなきゃいけないけど、大きなお子様はそれほど注意しなくても良いということですかね。 裏を返せば、”それほどには辛くはない”ともとれる書き方ではあります。

原材料の唐辛子中にブートジョロキアは31.8%使用されているということ。ずいぶんと細かく刻みますが・・・。 残りの68.2%はなんの唐辛子を使っているのか?も気になってきます。

辛さレベルは、8段階中の”8”の辛さで、HOTを超えた『SUPER HOT!!』です。

パッケージ裏や公式ページには『あらびきブラックペッパーと唐辛子の辛味にヨーグルトとトマトの酸味がマッチした激辛チキンカレーです。』と書かれています。

7プレミアム     激辛チキンカレー

どこで買った?

セブンイレブン 三鷹連雀通り店(東京都三鷹市)にて購入。
価格は、税込みで268円でした。

原材料やカロリーなど

原材料を見る限りでは、かなりスパイシーな感じの原材料です。
色々なスパイスが使われている上に、さらに”焙煎香辛料”や”焙煎香辛料ペースト”まで使われています。
さすがスパイスのエキスパートであるエスビー食品が作ってるだけあります。
発酵乳なども入っていて、こだわりも感じられます。
ただ、化学調味料が使われているのは残念ですけど。

カロリーは199kcalで意外と低めです。
1食分180グラムなので若干ルウの量は少なめではありますけどね。 (僕は、レトルトカレーの1人前は200グラムを基準にしています。)

作り方は簡単!!!

最近のレトルトカレーは、電子レンジで調理できてしまうんです。 電子レンジで調理できるパックは、厳密に言えば『レトルト』とは呼ばないとは思いますけどね。
従来のアルミなどでできたレトルトパウチは、電子レンジ調理は不可でしたが、最近のプラスティックパックに入ったカレーは電子レンジで調理ができてしまうんです。500ワットの電子レンジで2分弱ですよ。(出力700W以上は使用不可)
しかも、このプラスティックパックは中身がするっと出ていくので、従来のアルミのレトルトパックのように折りたたんで中身を絞り出さなくで良いのです。
これは素晴らしい!!!

しかし欠点もあって、炊きたてのご飯などでカレーを食べる場合はいいのですが、冷凍ご飯を電子レンジで温めたりする場合は一緒に温められないのです。
しかし、このカレーのパックは従来のレトルトパックのように湯煎でも温められるんですけどね。
まあ、なんにしてもこのパックは便利です。

食べてみます。

レトルトパックを開封し、ご飯の上に盛りつけた瞬間、複雑なスパイスの香りが強く感じられます。
鼻につく辛い系の香りではなく、ちゃんとスパイスの香りですが、なかなかに強烈です。

ルウは想像していたよりもしっかりととろみはありますが、小麦粉などは使われていないようなので、「ソテーオニオン」などによる自然のとろみなのでしょうか? でも『増粘剤』が使われているので、それによるものかもしれません。

酸味がありますが、トマトの酸味というよりは発酵乳の酸味が強い感じはします。しかし、強い酸味ではなく、程よい感じです。
唐辛子の風味やクセなどはないですが、僕的にはあまり好きではない風味が感じられました。
ちょっと魚介(節系)の風味が感じられたのです。原材料には表記されていないので、絶対に違いますけど。
砂糖がそこそこ入っているわりには、それほど甘ったるくもないので、ご飯にもしっかり合います。

チキンの塊が意外としっかり入っています。

ルウの中にちらほら見える黒い粒は、胡椒かなにかのスパイスかと思われます。

辛い?

辛さは、少し期待していたせいか、かなり拍子抜けしました。
個人的には全然”激辛”ではないですし、言葉のイメージとしては『大辛』くらいがちょうどいいような感じがしました。
むしろ、”カレーは最低でもこれくらいの辛さはあってほしい”と個人的には思いますが、世間一般の『激辛』は、これくらいなのかなぁ。
蒙古タンメン中本の北極ラーメンのカップ麺くらいの辛さのイメージですので、辛いものが好きという人にはまったく問題ない辛さです。
辛さに耐性がない人には”激辛”だと思いますし、食べる時は少量から試したほうがいいかもしれません。

色々と味変が楽しめそう。

チーズ、ガーリック、納豆、バター、各種ホットソースなど、工夫次第で味変が思い思いに楽しめそうです。 意外なところで、キムチとかも合いそう。

でも、僕は個人的には、同じくセブンイレブンで売られているエスビー食品の『超辛ビーフカレー SCORPION』のほうが味的には好きです。
隣同士に並べて陳列されていました。 
ただ、『超辛ビーフカレー SCORPION』のほうが50円くらい高いですけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました