明星食品『ぶぶか 油そば 辛辛辛辛辛こってり 5カラ』

辛辛辛辛辛こってり辛い食品の話題
辛さ満足レベル:
旨さ満足レベル:
※レベル表記方法についてはこちらのページを。
スポンサーリンク

“ぶぶか”の辛いやつ

明星食品から発売されている『ぶぶか』の油そばシリーズ。
ぶぶかの油そばのカップ麺はロングセラーですねぇ。

『ぶぶか』は、実店舗があって何度か行ったこともあるんですが、元々は明星食品の経営だったんですよね。店主の顔写真を出したりして、うまく企業色を出さずに経営していたと思います。店主も明星の社員ではあったようですが、ちゃんとラーメンの研究をしてメニュー開発をしていたらしいですよ。
一時期は、僕の家の近くにも支店ができたりしてたんですが、現在では吉祥寺の本店1店舗のみになっているようです。 経営も明星食品から”味の民芸”などを経営するサガミホールディングスに譲渡されたようです。だから、最近のパッケージには店主の顔写真が載っていないのかな?
でも、相変わらず明星食品からカップ麺はずっと出し続けているんですね。
意外と売れているんでしょうね。 僕も新製品が出たらこのようにして買ってますしね。

で、今回のは、ただの油そばではなく、なんと激辛系油そばです。
『鬼ごっつい辛さと旨味』というキャッチコピーと共に、商品名には”辛”の文字が5個も並んでいます。『5カラ(辛辛辛辛辛辛)』!!!
辛さに弱い人はパッケージを見ただけで絶対に敬遠するくらいのインパクトがあります。

辛さは、明星基準の5段階中の “5”で最高の辛さです。 だから『5カラ(辛辛辛辛辛)』なんですね。

でも、辛いのが好きな人は大喜びしそう!!! 
でも、ここまで煽っといて、たいして辛くないなんてないよね?

原材料やカロリー

味付け原材料のど頭に”豚脂”がきています!
意外とシンプルではありますが、油そばは元々シンプルな料理ですからね。 こんなもんです。

エネルギー(カロリー)は、なんと771kcal!!!
まあ、汁なし系のカップ麺のカロリーは総じて高いのですが、この商品は”油”そばということもあって、かなり高めでした。まあ、カロリーなんて気にしてたら、油そばなんて食えませんよ!

食塩相当量は5.8グラムと多いには多いのですが、予想よりは意外に少なめかなとも感じました。

作ってみます。

開封すると、パッケージの中には液体ソース、ふりかけ、特製マヨの3袋が入っていました。

麺と一緒にかやくが入っているのかと思いましたが、麺のみでした。
ということは、具らしい具は入っておらず、『ふりかけ』の中に入っているものが具(?)の全てということになります。

湯戻し時間は、5分と長めです。 太麺ですからね。

5分待って、お湯をすててから味付け開始です。

まずは、液体ソースを投入!

油が固まっていました。
液体ソースは蓋の上で温めておいたほうがよさそうです。
ソースを入れた時点でちらっと味見をしてみたのですが、全然辛くありません。
全然というのは語弊がありますが、ピリ辛程度です。 これ、ほんとに『辛辛辛辛辛』なのかなぁ。
もしかしたら、”ふりかけ”が辛いのかもしれませんね。

液体ソースをしっかり混ぜたあとに、ふりかけをかけます。

ふりかけは、辛味揚げ玉と、ネギと刻み海苔です。
はっきりいって、具はしょぼすぎです。

“特製マヨ”をかけたら完成です。
“特製マヨ”も、一応は辛い成分は入っているようですが、これも大した辛さではありません。

これは混ぜて食べた方がいいのかな?
混ぜるかどうかは個人個人のお好みですかね。

食べてみます。

混ぜてから食べました。
さすがロングセラーなだけあって、味はおいしいです。

甘さも控えめだし、揚げ玉も手伝ってなかなかにコッテリではありますが、油そばにしては油は少なめです。 
揚げ玉のサクサク感が食感のアクセントになっていますが、それでも具の少なさはごまかせません。
揚げ玉の量はこんなものでいいのですが、ネギとかもっと入ってて欲しいです。あと、チャーシュー(肉)とかね。

揚げ玉は、”オニオン入り揚げ玉”らしいですが、オニオンというよりは唐辛子の風味が強めです。
この商品は、ソースよりもふりかけで辛さを出している感じがします。

辛い?

『辛辛辛辛辛』で煽った割には、拍子抜けするくらい辛くないです。
“激辛”と呼ぶには辛くなさすぎです。というか、別にどこにも”激辛”とは書かれていないですけどね。
まあ、せいぜい”普通の辛口”レベルです。
でも、美味しいのでよしとします。

おすすめな食べ方

油そばには海苔が合います。
なので、海苔を入れてみました! とはいっても、ふりかけの中にも海苔は入っているのですが、あまりにも少なすぎて入っていないも同然ですからね。

これくらいの海苔(1/4枚)で、麺をくるんで食べると美味しいんですよ。
海苔は、塩分を排出するカリウムを含んでいるので、塩分の多いラーメンとはとても相性がいいのです。海苔はおすすめです。

この他にも、ガーリックパウダーや唐辛子、ラー油などを追加するのはもはやお約束です。

唐辛子は、手前味噌ではありますが、七海涼辛子がおすすめです。

七海涼辛子(しちみりょうがらし) - ぽてちん!食堂 研究所
一味唐辛子なのに七味唐辛子 数え切れないほどの激辛調味料を試してきた藤崎涼がたどり着いたのは、やはり唐辛子だった。唐辛子こそが辛さの原点。辛いだけじゃダメ、美味しくて口の中に涼しささえ感じ、気持ちよくなれる辛さ。それが” ... Read more七海涼辛子(しちみりょうがらし)

コメント

タイトルとURLをコピーしました