エースコック「MEGA辛 濃厚鬼辛キムチラーメン」

MEGA辛キムチラーメン辛い食品の話題
辛さ満足レベル:
旨さ満足レベル:
※レベル表記方法についてはこちらのページを。
スポンサーリンク

辛いキムチラーメン!

2021年6月に発売されたこのラーメン。
エースコック「MEGA辛 濃厚鬼辛キムチラーメン」
やっと食べることになりました。
なにせ僕のフードストックには、レトルトカレー、インスタントラーメンの在庫がたくさんある上に、一日一食の麻婆豆腐、さらには僕は基本的には一日二食(ダイエット)しか食べません。
さらに、カップラーメンは毎週のように新製品が出るので、なかなか食べるのが追いつかないんですよ。

このエースコックの”MEGA辛”シリーズは、去年は「MEGA辛 濃厚鬼辛キムチラーメン」がでていました。

エースコック『MEGA辛 濃厚鬼辛麻婆麺』
辛さ満足レベル:旨さ満足レベル:※レベル表記方法についてはこちらのページを。MEGA辛で鬼辛??エースコックの新商品。『MEGA辛 濃厚鬼辛麻婆麺』です。"MEGA辛" で "鬼辛"。商品名に2回も『辛』が使われていま...

その『MEGA辛』シリーズ。今年は「MEGA辛 濃厚鬼辛キムチラーメン」が発売されました。

濃厚で鬼辛なキムチラーメン!!!

麻婆麺にひきつづき、僕の好きなところを突いてきましたねぇ。

エースコックは『豚キムチラーメン』の実績があるので、非常に楽しみです。

“追い辛”として、キムチ風味の調味油とスパイスが付いているとの事!

『オニカラ・イズ・グレイト!!』なんてキャッチコピーが書かれています。
なぜに英語にした?(笑) しかもカタカナで(笑)

どこで買える?

どこで買ったか忘れてしまいましたが、コンビニで買ったのは間違いないです。

希望小売価格は、税込みで238円との事。

コンビニ専売商品ではないので、スーパーマーケットやドラッグストアなどでも購入可能かと思います。 通販でも売られています。

原材料やカロリーなど

スープの原材料は味噌と食塩と香辛料の順番に記載されていて、糖類はその次なので、甘さは控えめな感じの原材料です。ひどいラーメンスープになると糖類が一番多かったりしますからね。
キムチパウダーの使用量が少ないので、しっかりとキムチ風味が出せているのかは気になるポイントです。
ポークエキスや豚脂やポーク調味料が使われているので、基本的には豚骨味噌系のスープになるのかな? でも、チキンエキスも入ってますけどね。
具は、白菜キムチ、大豆加工品、ねぎ、ニラ、唐辛子となっています。 大豆加工品というのはおそらく『偽肉』なんだろうと思います、

カロリーは思ったよりも低めですが、食塩相当量がそこそこやばい感じ。

とは言っても、カップ麺の食塩相当量はこれくらいが普通か。

作ってみます。

蓋の上には後入れの調味油が貼り付けてあります。

そして、蓋を開けたら、カップの中に液体スープとスパイスが入っていました。
なぜ調味油だけ蓋に貼り付けられているのでしょうか? 理由があるのかな?

調味料は合計3種類で、結局すべて後入れになります。
具はあらかじめ麺と一緒に入っています。

麺は、細くはありません。キムチのオレンジとネギの緑のコントラストが良い感じ!
真ん中に見える肉のようなものが『大豆加工品』ですね。
どうせなら肉そぼろを入れてほしかったですが、こういう商品だと、肉だろうが大豆加工品だろうが味には影響ないかもです。
キムチがメインなので、キムチはもっとたくさん入れてほしかったですが。

作ってみます。

湯戻し時間は長めの『5分』です。
麺はそれほど太くないし、なぜ5分なんでしょうかね?
白菜キムチを戻すため?(すぐに戻りそうなものですけど)


なかなかおいしそうに仕上がりました!

見た目、良い感じです!

そして、メインスープである『液体スープ』を投入します。

この状態では、辛味はほとんどなく、ピリ辛レベル。
スープ自体にはキムチ風味はあまり感じられません。
しかし、白菜キムチはちゃんとキムチの味がします。 キムチ、なかなかおいしい。さすがエースコック!
スープは、粉末みそが沢山使われているのでもっとみそ感があると思ってましたが、豚骨醤油的な感じでした。 

調味油を投入します。 着色料のせいでしょうけど、いい色です。

かき混ぜます。

うーん、見た目は、”油が足りない”感(笑)

でも、キムチ風味が足されました。辛味も足されました。
もしかしたら、この油にキムチ風味のエキス(?)が入っているのかもしれません。
これで一気に『キムチラーメン』っぽくなりました。

そして、さらに『スパイス』を投入!

単なる一味唐辛子だと思ったら、他のスパイスの香りも感じられます。
僕はスパイスには詳しくないので、なんのスパイスかはわかりませんが・・・。 

かき混ぜます。 

⬆これが、すべての調味料を入れた最終形態です。


豚肉は入っていませんが、同社の『豚キムチラーメン』に似たような味です。
香辛料や香辛料抽出物のクセなどもありません。
キムチの風味も良いです。 欲を言えば白菜キムチがもうちょっと多めに入っていると良かったのに。
ニラの緑色は、味よりも見た目に貢献していますが、味にも影響はしています。
トータル的にスタミナがつきそうな感じの味です。
でも、食後の匂いは気にするようなレベルではないかもしれません。

辛さは?

スパイス(一味唐辛子)を入れたからといって特別に激辛になるわけでもなく、さほど変わりはないように感じました。
『MEGA辛、鬼辛』という言葉から、かなりヤバい辛さを想像してましたが、辛さ的には全然たいしたことがなく、韓国の『辛ラーメン』よりも若干辛いくらいのレベルで、辛いものが好きな人なら問題なくおいしく食べられる感じだと思います。

『激辛』というにもちょっと無理があるくらいの辛さです。(もちろん、辛いのが苦手な人には激辛でしょうけどね)
『MEGA辛』『鬼辛』を謳うなら、もっともっと頑張って欲しかった感じです。

キムチ風味は悪くないけど、ちょっと甘い

キムチの味としては、やはり本場のキムチラーメンには敵いません。
昨日食べた韓国のキムチラーメンのほうがキムチの味が本格的で美味しかったです。

Paldo『ミスターキムチラーメン(Mr.KIMCHI 김치라면)』
辛さ満足レベル:旨さ満足レベル:※レベル表記方法についてはこちらのページを。本場韓国のインスタントキムチラーメン本場韓国の袋入りインスタントキムチラーメンです。韓国のPaldo(パルド)というメーカーが作ってい...

でも、エースコックのこれも負けてはいません。辛さもこっちのほうが強いですし。
ただ、ちょっとスープの甘みが強いのが難点ではありますが・・・・。 でも、嫌になるほどの甘ったるさではなく、許容範囲です。
味は、ちゃんと『キムチラーメン』です。
さすがロングセラーの『豚キムチラーメン』を作っているメーカーです。

本格的なキムチラーメンなら断然これ⬇
レトルトの本物キムチが入ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました