Otaste『하바네로 떡볶이 (ハバネロ トッポッキ)』

ハバネロトッポギ辛い食品の話題
辛さ満足レベル:
旨さ満足レベル:
※レベル表記方法についてはこちらのページを。

ハバネロ入りのインスタントトッポッキ(トッポギ)

本場韓国製のインスタントトッポギです。 ハバネロ入りです。
『Otaste(オーテイスト)』というブランド名になっています。
“辛ラーメン”でお馴染みの”農心ジャパン”が輸入元になっているようですが、農心(NongShim)のブランドなのでしょうか? でも、パッケージにはNong Shim社のマークは見当たりません。

以前、同じような商品を食べたことがありますが、カップの形などが違うのでまた買ってみました。
以前のは縦型カップだったのが、今回のは横型カップになっています。

Otaste『ハバネロトッポッキ&ヌードル』 - ドラマー涼の激辛ブログ『Eat with fire!』
Otaste『하바네로떡볶이&누들(ハバネロトッポッキ&ヌードル)』辛さ満足レベル:☆☆☆+旨さ満足レベル:☆☆☆+※レベル表記方法についてはこちらのページを。『하바네로떡볶이&누들(ハバネロトッポッキ&ヌードル)』昨日食べた『매콤한떡볶이&누들(やや辛トッポギ&ヌードル)』よりももう少し辛い"ハバネロヴァージョン"で...

前回食べたものは、商品名が『하바네로 떡볶이&누들 (ハバネロ トッポギ&ヌードル)』となっていて、”ヌードル”がついています。今回買ったのは、似たようなパッケージデザインですが、カップの形が違っていたり、商品名から『누들(ヌードル)』の文字がなくなってますが、でも前回のと同じく春雨は入っているようです。
ヌードルは”春雨ヌードル”の事です。

『メキシコ産ハバネロ唐辛子』と書かれています。メキシコ産のハバネロを使用しているのでしょう。
実は、僕はあまりハバネロが好きじゃないんです。独特の風味があまり好きじゃないんです。
ハバネロを使った料理は、ハバネロの風味が料理の風味を壊してしまうことがあるんです。

メキシコ風のおじさんが、汗と涙を流しているイラストが印象的です。

どこで買った? いくらだった?

これ、多分半年くらい前に買ったんですけど、どこで買ったかさっぱり覚えてません。
なので、値段も不明。
ネットでは200〜300円くらいで売られているようです。

即席トッポギ&ヌードル(ハバネロ味)132g価格:257円
(2020/2/16 16:23時点)

原材料やカロリーなど。

日本語の品名では『即席トッポギ&ヌードル(ハバネロ味)』となっています。
ソースはコチュジャンが主原料となっているようです。
カロリーは231kcalで食塩相当量は2.1gまあ、無難なとこです。

韓国語での表記が気になったので、日本語の原材料ステッカーを剥がしてみました。

コチュジャンの原材料まで書かれていました。原材料の原産国も書かれています。

そしてステッカーで隠れたところから農心(Nong Shim)のメーカーロゴも出てきました。社名は『テキョン農産』かな? 農心のグループ会社なのでしょう。

内容は?

カップの中には、トック(餅)、春雨、ソース、プラスティックのフォークが入っています。
プラスティックのフォークが入っているのは親切です。ちょっと短いですが。

作ってみます。

日本語の作り方(ステッカー)が書かれています。
入れる順番の指定まであります。

電子レンジ調理なのに、最初にお湯を注がなくてはいけないのはなぜでしょうか?
水からだと、餅が戻りにくかったりするのかもしれません。

『内側の線までお湯を入れる』と書いてあるのに、内側の線がありません。

まあ、80mlと書かれているので、計量カップで計るからいいんですけどね。

内容物を順番通り(餅、春雨、ソースの順)に入れて、電子レンジ(600W)で4分間加熱します。
うちの電子レンジは500Wなので、4分2秒くらいにしておきました。

出来上がり! 食べてみます。

おぉ。 なかなか真っ赤だ! これをしっかり混ぜてからいただきます。

美味しそう!  辛いものが苦手な人は見た目だけで敬遠しそうな鮮やかな色合いです!!!
でも、見た目と辛さは比例しないのですよ・・・。

食べてみると・・・・。

甘いです!!!!  日本語表記の原材料には砂糖の表記はありませんが、韓国のコチュジャンって砂糖が入っているのが普通ですからね。 甘いのは当然です。(韓国語の原材料表記では、コチュジャンの原材料として砂糖が入っています。)
というか、トッポギは甘辛な食べ物ですからね。

で、辛さは?

さすがにハバネロを使っているだけあって、しっかり辛いです。
激辛というにはちょっと弱いですけど、しっかりした辛さはあります。
(辛さに弱い人にはちょっと辛いかも。)
その代わり、甘さもかなりあります。
まあ、トッポッキは甘辛い料理ですからね。
でも、甘さと辛さが同じくらいのレベルで襲ってきます笑。
僕は甘辛の食べ物がそんなに好きじゃないんですが、これなら両立が潔く両立できてる感じ。
味は美味しいと思います。 
まあコチュジャン味なんですが、ハバネロのクセが出てないので美味しくいただけます。

ただ、餅と春雨だけっていうのがちょっと寂しいですね。
まあ、元々トッポギってあまり具を入れたりしないんでしょうけど。
でも、ネギとか、ジャガイモとか、肉類を入れると美味しそう。
チーズとかを入れてもいいかも。

ところで、このカップトッポギは、韓国人はどういうシチュエーションで食べるんでしょうか?
カップラーメンのようにこれだけを主食にするには、ちょっと物足りない量です。
お酒のおつまみ? 料理のおかずとして?

まあ、ともかく、これ1カップではお腹は満たされません。
サイドディッシュやおつまみが最適なのかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました