ポッカサッポロ『辛王 暴辛肉みそ風スープ』

ポッカ暴辛肉みそスープ辛い食品の話題
辛さ満足レベル:
旨さ満足レベル:
※レベル表記方法についてはこちらのページを。

ポッカサッポロの”辛い系”インスタントスープ

ポッカサッポロはけっこう前から辛い系のスープをちょこちょこ出しています。
10年くらい前から辛い系のスープをちらほらだしていますが、最近は『辛王』という名前でシリーズ化しています。

ポッカサッポロというメーカーは、以前はカップスープで有名で、単なる『ポッカ』というメーカー名だったと思いますが、調べてみたら2011年に飲料メーカーの『サッポロ』の子会社になったようです。
ちょうどその頃から『韓湯美味』というシリーズで、韓国風の辛い系インスタントスープを出し始め、2016年から『辛王(カラオウ)』という、辛さに特化したインスタントスープをシリーズで出し始めました。
僕も何回か『辛王』シリーズのスープを買っていますが、この『辛王』シリーズには不満を持っているのです。
それは、”具がしょぼすぎる”ということ。
まあ、あくまでもスープなので、具はそんなに必要ないんでしょうけど。
僕はスープにも具沢山を求めるので、具の少ないスープにはあまり興味がないのです。
満足感が全然ないので・・・・。

⬆︎今回の商品も『ごはんをいれてもおいしい』と書かれていますが、『ご飯を入れないと物足りないくらいの具しか入ってない』という意味にもとれます。



ということで、今回食べる『辛王 暴辛肉みそ風スープ』も、ずっと手付かずで僕の食料庫の中にはいってました。
しかし、とうとう賞味期限が過ぎてしまったので(2020年3月までだった)やっと食べることにしました。 いや、”食べる”じゃなくて “飲む” か!

暴力的な辛さ!?

『辛王 暴辛肉みそ風スープ』というネーミング。
すごく辛そうです。
パッケージの商品名の文字も燃えているようなデザインになってますし、パッケージの側面には辛さレベルが書かれていて、5段階中の”5″という、MAXの辛さになっています。

しかし、以前ポッカサッポロのスープ『韓湯美味(カンタンビミ)』シリーズで 『極辛ブルチャンチゲ 強烈に辛い海鮮だしスープ』というのがあって、それは辛さレベル7段階中の”7″でしたので、それよりは辛くないんだと思われます。

ポッカサッポロ『韓湯美味 極辛 ブルチャンチゲ 強烈に辛い海鮮だしスープ』 - ドラマー涼の激辛ブログ『Eat with fire!』
ポッカサッポロ『韓湯美味極辛ブルチャンチゲ強烈に辛い海鮮だしスープ』辛さ満足レベル:☆☆☆+旨さ満足レベル:☆☆☆※レベル表記方法についてはこちらのページを。去年、同じような商品『韓湯美味極辛ブルチャンチゲ海鮮だし味』を食べていますが、今回のは辛さレベル表記や商品名が若干違っているようなので買ってみました。辛さレベルが...

辛さに関する注意書きもそこそこ目立つように書かれています。

どこで買った? いくらだった?

そんなわけで、ずっと食料庫に眠っていた為、どこで買ったかも忘れたし、値段も記録していませんでした。 コンビニで買ったような記憶はあります。
ポッカサッポロのホームページには、『製造終了商品』と書かれていましたが、商品データが残っていました
それによると、税込抜き希望小売価格が160円となっているので、税込みだと173円になりますね。かなり高いです。
賞味期限が『1年』と書かれているので、僕はおそらく1年くらい前に買ったんだろうなぁ。

原材料やカロリーは?

原材料: 乳糖、豆鼓醤パウダー、豚・鶏ガラスープパウダー、食塩、砂糖、唐辛子末、あさりエキス、ガーリックパウダー、デキストリン、みそパウダー、たんぱく加水分解物、酵母エキス、植物油脂、でん粉、粉末豆板醤、うきみ(ねぎ、大豆たんぱく入り乾燥鶏肉そぼろ、唐辛子)/増粘剤(加工でん粉)、調味料(アミノ酸等)、加工でん粉、着色料(カラメル)、ソルビトール、香辛料抽出物、セルロース、酸化防止剤(ビタミンE)、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

原材料は、乳糖が一番多いですが、乳糖はそんなに甘いものでもないはずなので、甘さは控えめになっているんでしょうか? まあ、砂糖も使われてますけど。
でも、豆豉醤パウダーが多め(原材料の2番目に表示されている)に入っているのがちょっと良い感じです。さらに『粉末豆板醤』も入っているようですし、火鍋風の味をイメージしたスープなんでしょうかね?

具は、ひき肉ではくて、『大豆たんぱく入り乾燥鶏肉そぼろ』となっています。鶏肉100%ではないのか・・・。 その他の具は、ネギと唐辛子のみ。 唐辛子なんてもはや具ではないしなぁ。

カロリーは66kcalです。 具が少なそうな割には意外とカロリーが高めです。
食塩相当量も、ただのスープにしては2.7グラムとなかなか多めな気が。

作ってみます。

蓋を開けると、中身はこんな感じ。 

スープと具はあらかじめカップの中に直接入っていますので、お湯を注ぐだけ。
ネギはそこそこ入っていて、目立っています。

あら? 蓋は半分まで剥がすのではなく、全部剥がしていいんですね。

 蓋を全部剥がし、お湯を内側の線まで注ぎ、10秒ほどかき混ぜたあと1分くらいで出来上がりです。具が細かいのがわずかしか入っていないので、湯戻し1分で良いんですね。

出来上がり! 食べてみます。

乾燥具はたいていは浮いてくるので、表面に浮かんでいる具がこのカップスープの具ほぼ全部ということになります。

食べてみると・・・・。


ます、唐辛子の風味が強めです。
そして、スープには変な甘さがありますが、気になるような甘さではないです。
甘ったるい感じではなく、それよりも塩っぱさの方が勝っている感じです。
スープには少しとろみがついています。
日本式か広東式麻婆豆腐風のような味のイメージです。

具は、ネギがメインです。
ネギの量はそこそこ多いので、飲むたびにネギも一緒に食べることになるり、ネギ味がけっこう主張してきます。
ネギの量が肉よりもはるかに多いし、そのためかネギの味も強めなのでパッケージに書かれているような『肉味噌風』ではなく、完全に『ネギ味噌風』になっています

ネギだけ抜いて食べた人(ネギが嫌いなのかな?)のブログを見つけましたが、ネギを抜いたらどれくらいショボいのかがわかります。⬇︎

https://ameblo.jp/azutansan/entry-12445022420.html


わずかに入っている肉そぼろのようなものは、肉100%ではなく『大豆たんぱく入り乾燥鶏肉そぼろ』だそうですが、食べてみると意外と違和感なく肉っぽいし、肉100%よりはヘルシーな感じがしますが、何のために大豆たんぱく入りにしたのでしょうかね?
やはりコスト削減? しかし、それ以前に元々の量が少なすぎです。


なので、『大豆たんぱく入り乾燥鶏肉そぼろ』は、なかなか口に入ってきません。

この商品は、ご飯を入れるなどしないと本当に物足りないです。

辛い?

さすが『辛王』の『暴辛』なだけあって、しっかりとした辛さはあります。

唐辛子の風味がけっこうするので、純粋に唐辛子の辛さが強いのかもしれません。

辛いものが苦手な人にはちょっときついかも知れませんが、常識的な『辛口』です。

しかし、このボリュームで税込み173円はちょっとショボい気がします。

このスープに税込で173円払うんなら、コンビニおにぎり1個買った方がいいなぁ。

といいつつ、『辛王』シリーズの新製品として『旨シビ辛麻辣スープ 鮮烈な辛さ 味噌の旨味』というのが出てきたので、さっき買ってきました。
近々食べてみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました