花椒用のミル

お勧め

麻婆豆腐に花椒は欠かせません!

花椒は粉末になっているタイプではなく、粒のままのものを食べる直前にミルで挽いた”挽きたて”をかけて食べるのがいいんです。

挽きたては香りが違います! 風味が変わります。

なので、今まで、色んなペッパーミルを使ってきたのですが・・・。

今使っているミル達。
左のは”ミル付きの胡椒の容器”を花椒用に流用。
真ん中のは100均か何かで買ったやつ。(どちらかというと擂り胡麻用?)
右のは、一応ちゃんとしたミル。 多分800〜1000円くらいしたはず。

しかし、どれもなかなか挽けなくてイライラ・・・。
グルグル回しすぎて手が痛くなったりして・・・。

なので、まともにしっかりと挽けるミルが欲しいと思って調べてみました。

そこで見つけたのがこれです。

一流シェフも愛用しているという、世界最古のフランスの自動車メーカー『プジョー(Peugeot)』のペッパーミルです。
「え? 自動車メーカーのペッパーミル?」とお思いかもしれませんが、プジョーは元々は金属製造業の会社で、自動車を作る前からペッパーミルを作っていたそうなのです。しかも今もまだ作り続けているという。すごいねぇ。

ロゴは車の方のロゴとは違うんですね。

というか、日本国内においてのプジョーの自動車は『プジョーシトロエンジャポン』が輸入しているけど、ペッパーミルの方はフェラーリやロールスロイスの代理店である『コーンズ』が輸入しているという・・・。 
なんか面白い。

プジョーのペッパーミルの値段は結構高めで3,000円〜くらいです。
僕は、amazonで一番安いやつを買いました。
それでも2,211円(送料税込)しました。

ちょっと躊躇したのですが、花椒のミルは毎日使いますからね。

プジョー PEUGEOT ミル ペッパーミル 13cm チョコ クレモン 27933


ペッパー用と塩用とで、歯(刀?)が違うので注意です。ペッパー用は鉄製で、塩用はステンレス製なのです。 塩用を鉄製にしたら錆びちゃうからでしょうね。

ミル部分。 なんか伝統を感じさせる・・・。
このつまみで粗挽きや細引きを調整します。
お上品な感じのつまみです。

というか、花椒に使えるの??

そうなんです。 
“ペッパーミル”ということで、胡椒には使えるけど、果たして花椒に使っていいのかどうか疑問を持ちました。
花椒も一応はペッパーですよね?
胡椒の実も花椒の実も大きさは同じくらいなので、大丈夫だとは思ったんですが・
ペッパーミルの説明書には『ピンクペッパーには使用しないでください』と書かれています。
なぜピンクペッパーはダメなんだろう?
 
調べた結果、花椒はOKということがわかりました!
公式ページに書いてありましたよ。

http://peugeot-mill.com/mill/pdf/saltpepper_1909.pdf

ちなみに、ミルは購入から5年保証で、ギアのメカニズムについては無期限保証なんだそうです。

早速、花椒を入れて使ってみました。

大きめの粒は”粗挽き”で挽いたもの、細かい粉状の方は”細挽き”で挽いたものです。
(麻婆豆腐は、エスビーのインスタントでレンジで温めるだけのやつ)

値段を気にしなければ、いろんなデザインとか色があって迷ってしまう!
⬇︎ほんの一部だけ紹介します!

どれもカッコイイorお洒落。
コレクターじゃないけど、無駄に欲しくなるなぁ。

ちなみに、今メインで使っている花椒はこれです。⬇︎

老庞家『四川麻椒 調味料』
辛さ満足レベル:(花椒なので・・)旨さ満足レベル:※レベル表記方法についてはこちらのページを。本場中国の花椒四川花椒です。老庞家(老龐家・LAO PANG JIA・ラオパンジィア)というメーカー(ブランド)の花椒です。その老庞家の麻婆豆腐の

この花椒、とても良いんですけど、四川土産にいただいたものなので、おそらく日本には輸入されていないと思います。
私は花椒は赤と青を使い分けたりはせず、基本的には赤しか使わないのですが、この花椒は赤と青を兼ねているんです。

普段は⬇︎この花椒を使っています。国内の有名四川料理店御用達です。

気になっているのはこれ⬇︎

ちなみに、花椒のミルといえば、陳建一麻婆豆腐店で使われている押すだけのミルがあります。
あれ、容器の上のボタンを押すだけで挽かれて出てくるので、とてもラクでいいんですが、さすがに値段は高いです。

⬆︎お店のものと同じではないと思います。

食器とか調理器具とかも、拘れば色々あるんですねぇ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました