ヤマダイ(ニュータッチ)『凄盛 デカ切り白菜 キムチ鍋風ラーメン』

デカギリ白菜キムチ風ラーメン辛い食品の話題
辛さ満足レベル:
旨さ満足レベル:
※レベル表記方法についてはこちらのページを。
スポンサーリンク

白菜たっぷり!キムチ鍋風のラーメン

大切りのフリーズドライのネギが入った『ネギラーメン』のカップ麺でお馴染みの群馬の即席麺メーカー『ヤマダイ』。 
『ヤマダイ』という社名は知らなくても、ブランド名の『ニュータッチ』と聞けば関東周辺の人なら知っているかと思います。

今回買ったのは、そのニュータッチの『凄盛 デカ切り白菜 キムチ鍋風ラーメン』です。

ヤマダイは、フリーズドライの麺をブランド化した『凄麺』というシリーズをずっと出していますが、今回のは『凄盛』というシリーズ名になっています。
要は『盛りが凄い』ということなんでしょうね。 
麺も凄いのは言わずもがな、という感じなのでしょうか。

ともかく、僕はニュータッチの『ネギラーメン』と『元祖キムチラーメン』は結構好きなので期待できます!

どこで買った? いくらだった?

東京都港区芝浦のセブンイレブン汐彩橋店にて購入。
この商品はセブンイレブン限定なんだそうです。 
価格は税込で322円です。 
カップ麺にしてはちょっと高めですが、具沢山らしいのでこんなものでしょう。
カップのサイズは普通のカップ麺よりちょっと大きめです。

原材料チェック! カロリーも。

あら、スープは味噌ベースなんですね。
確か『元祖キムチラーメン』は醤油系のスープだったので、これも醤油系だと思ってました。
で、意外とシンプルでストレートな感じの原材料です。
えびペーストが入っているのはこだわりでしょうか。
糖類も控えめっぽいので、期待できます! 甘ったるいのは嫌ですからね。

カロリーは『凄盛』にもかかわらず、このサイズで456kcalです!
これはノンフライ麺のおかげもあるでしょうし、具材に肉なども入っていないからというのもあるでしょう。

開封!

なんと白菜が2パックに分かれています。
1パックにまとめないのは、製法上の都合なのか、それとも「通常の倍入っているんだよ」というアピールなのでしょうか?
後入れの液体スープも、普通のカップ麺に比べると量が多めです。

具を開けたらこんな感じ。 
確かにカップ麺の白菜の量としては前代未聞の量ですね。
でも、白菜はキムチ味じゃないんですね・・・・。
“キムチ鍋風ラーメン”ということだったので、フリーズドライの白菜キムチが入っているのかと思っていました。

こちらは従来の『元祖キムチラーメン』⬇︎

Amazon | ニュータッチ 元祖キムチラーメン 89g×12個 | ニュータッチ | ラーメン 通販
ニュータッチ 元祖キムチラーメン 89g×12個がラーメンストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

従来のキムチらーめんの具はちゃんと白菜キムチ(キムチ味の白菜)だったはず。
だからフリーズドライの白菜キムチの具は作れないはずはないと思うんですけどね。

麺は、ニュータッチ定番のノンフライ麺です。
湯戻し時間は5分。
細めの麺なのに湯戻し時間が長めなのは、白菜の具をしっかりと戻すためなのかもしれません。

お湯をかけたら、白菜ブロックの中からニラと唐辛子が出てきました!!!
でも・・・・。 豚肉とかは入ってないんですね・・・・。
キムチ鍋でも肉くらいは入ってて欲しい・・・・。
ちと残念です。

さすがに具は多いです。 
でもカップラーメンの具は、通常でもこれくらいは入ってて欲しいと僕は思っています。

出来上がり! 食べてみます。

スープはもっと濃い醤油色をしているかと思ってましたが、醤油味ではなくポークベースの味噌味でした。パッケージ写真だともっと真っ赤なのにな・・・・。 

味噌味ではありますが、濃厚な味噌ではなく、どちらかというと醤油豚骨系の感じに仕上がってます。
そして、キムチ感が少ない!!

一番の原因は、白菜がキムチじゃないからだというのがあります。
そのせいでキムチ感が半減です。
技術的にはできるはずなのに、ただの白菜にしたのは原価を抑えるためでしょうか?
白菜の量的にはこれくらい入っていれば文句ないレベルなんですけどね。
白菜がキムチ味ではないので、当たり前なのですが普通に白菜の味がします。(あまり好きじゃない)
それが僕には不満です。 やはり白菜はキムチ味になってないと!!

かといって、スープがめちゃくちゃキムチの味がするかというと、そうでもない。
スープとしては、味噌ベースなのですが、豚骨醤油的な感じで、濃厚さがあるわけでもなく、かといってキムチ味も控えめ。
スープの味はこれでいいんですが、やはり白菜がキムチじゃないのは失敗かもしれない。
「普通の白菜の方がいい」という人もいるんでしょうけど・・・。 
やっぱ、白菜キムチじゃないと物足りない!

ノンフライの太麺は、ツルツルして食感もよく、下手すると生麺と勘違いするレベルです。
麺量は乾麺の状態で85グラムなので、実は麺自体は大盛りなわけではありません。
商品名の『凄盛』は、あくまでも具のことを言っているんだと思います。
あとはスープ量ですね。 カップが大きい分、普通のカップラーメンよりも使うお湯の量が多いです。通常の縦型カップ麺と比べても使うお湯の量は160mlくらい多いです。
ですので、さすがに液体スープも量が多かったです。

辛い?

まあ、キムチなんでね・・・。 キムチって大して辛くない食べ物なので・・・。
辛味は弱いです。
さらに白菜がキムチ白菜じゃない(←まだこだわってる)のもあって、キムチ感は弱く、辛味もかなり弱目です。
一応、具の中に輪切り唐辛子も入っているのですが、あれも彩り用みたいな感じで辛さは弱いです。
せっっかくなんだからもうちょっと辛くてもいいのかな、なんて思います。

スープの味も悪くはないので、具を白菜キムチにして、さらに豚肉も入れたら完璧だったのに。
もっと高くなってもいいから、本当に”凄いカップラーメン”を出して欲しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました