新宿中村屋『レンジで作る コクと旨み、ひろがる麻婆豆腐 中辛』

中村屋レンジ麻婆中辛辛い食品の話題
辛さ満足レベル:
旨さ満足レベル:
※レベル表記方法についてはこちらのページを。
スポンサーリンク

新宿中村屋のレトルト麻婆の新商品!!

インドカレーの老舗だけど、麻婆豆腐でもお馴染みの新宿中村屋。

その中村屋のレトルト麻婆の新商品が出ていました!!!
『レンジで作る コクと旨み、ひろがる麻婆豆腐 中辛』です。

ちなみに、これが従来の商品です。⬇︎

新宿中村屋『本格四川 コクと旨み、ひろがる麻婆豆腐 中辛』 - ドラマー涼の激辛ブログ『Eat with fire!』
新宿中村屋『本格四川コクと旨み、ひろがる麻婆豆腐中辛』辛さ満足レベル:☆☆+旨さ満足レベル:☆☆☆+※レベル表記方法についてはこちらのページを。新宿中村屋のレトルト麻婆シリーズ。『辛さ、ほとばしる麻婆豆腐辛口』はたまに食べるのですが、実はこの『本格四川コクと旨み、ひろがる麻婆豆腐』は食べたことなかったんです。まず、"中...

で、これが今回の新商品⬇︎

中村屋レンジ麻婆中辛

パッケージが同じようなデザインなのですが、今回出たのは1人前の少量パックで、さらに電子レンジで調理するものとなります。(従来のは鍋で調理するものです。)
ひき肉入りなのは変わりません。
ちなみに豆腐は入っていません。
豆腐入りのレトルトも一時期出ていました⬇︎が、今も売っているのかどうかは不明です。

中村屋『本格四川 辛さ、ほとばしる麻婆丼』 - ドラマー涼の激辛ブログ『Eat with fire!』
中村屋『本格四川辛さ、ほとばしる麻婆丼(レトルト)』辛さレベル:☆☆☆旨さレベル:☆☆☆☆※レベル表記方法についてはこちらのページを。カレーで有名な新宿中村屋。中村屋のレトルトカレーは、スーパーやコンビニ等で売っているのを良く見かけますが、いつからか麻婆豆腐の素(本格四川辛さ、ほとばしる麻婆豆腐)なども見かけるようにな...

今回の商品は、1人前の少量パックで、豆腐にかけてレンジで温めるだけ。
一人暮らしにはぴったりの商品です。
でも、僕は従来(2〜3人前)の商品でも一人で食べてましたけどね。(朝昼の2回に分けて食べる)

辛味レベルは従来商品と同じ5段階中の”3″で、”中辛”となっています。

どこで買った? いくらだった?

これ、いただきものなので僕は買ってないんですが、希望小売価格は税込み172円です。

メジャーな”新宿中村屋”の商品なので、普通のスーパーマーケットやコンビニエンスストアには置かれるんじゃないでしょうかね。比較的どこでも買える商品になると思います。
2020年2月10日に発売されたばかりなので、まだ売ってなくてもこれから徐々にあちこちで売られるのではないでしょうか。

レンジで作る コクと旨み、ひろがる麻婆豆腐│本格四川│新宿中村屋
新宿中村屋のレトルト食品・本格四川 レンジで作る コクと旨み、ひろがる麻婆豆腐をご紹介します。

原材料チェック

原材料を従来のものと比べてみたんですが、同じじゃないんですね。

上の画像が今回の原材料で、下の画像が従来商品の原材料です。

基本的な原材料は基本的にはそれほど変わらないのですが、配合量がかなり違います。
従来のものは豆板醤が味付けのトップにきていましたが、今回のは醤油が1番トップにきていて、ごま油も使われるようになりました。
従来のものよりも一層広東風寄りになった感じがします。(あくまでも原材料上ですが)
でもパッケージには『本格四川』と書かれていますが。

中村屋のレトルト麻婆は3種類の肉(豚、鶏、牛)が使われているのが特徴です。
配合量は、原材料表記の順番(豚>鶏>牛)だと思いますが、今回は豚肉が”味付け豚肉”になりました。 これはこだわりなのでしょうか? アメリカ製の、香辛料で味付けされた豚肉を使っているようです。
レンジ調理用にあえて使っているのか、それとも原材料仕入れの都合上なのでしょうか。

あと、大きな違いは、別添の山椒がついていない事。これはパッケージの性質上しょうがないのかな。箱入りじゃないので、レトルトパックに花椒パックを直接貼ってしまうと、取れてしまったり盗られてしまったりもあるでしょうし。
まあ、最近では麻婆好きなら自宅用花椒を常備している事も多いでしょうけど。

作ってみます。

作り方は、豆腐半丁を角切りにして、その上から麻婆の素をかけ、ラップをして電子レンジで加熱するだけです。

「加熱後にネギのみじん切りやごま油を加えるとより風味良く仕上がる」と書かれています。
ごま油を入れると、なお一層四川風から遠ざかる気がしますが、まあ日本人好みにはなりますね。
もちろん、この原材料だったらごま油も合うと思います。 僕は入れませんけど。
まあ、あくまでもターゲットは日本人ですし、マニアックにしてもしょうがないですからね。
少しでも多くの人に売れなければ意味がありません。
そういう意味では、中村屋は本格的にしながらもうまく日本人の舌に合うように仕上げていると思います。

期待を込めて葉にんにくを入れる事にしました。
僕は葉にんにくは冷凍で保存しているので、一緒に電子レンジで加熱です。

完成! 食べてみます。

ラップをしないとレンジ加熱時に飛び散るので要注意です。⬇︎

色合いは赤めです。油の色はもちろん、餡自体の色も赤っぽい感じです。

豆腐からけっこう水が出るのでちゃんと混ぜてから食べた方がいいです。

食べてみると・・・・。

おぉ、さすが中村屋です。  

美味しいです。  

やはり四川風ではなく、広東風的な味です。 
かなり海鮮っぽい風味がします。
魚醤とかも使っているせいもあるのでしょうか?特にエビの味が強いです。
そして、甘さもかなりあります。
ご飯にはちゃんと合いますが、個人的にはもっと甘みを抑えたほうが好きです。
葉にんにくはちょっと合わなかったかな。単にネギのほうが合うかも。

中村屋のレトルト麻婆は、肉が沢山入っているのが魅力ですが、このレンジヴァージョンはちょっと肉が少なめかも? でも他社のひき肉入りインスタント麻婆の素よりは多いですけどね。

辛いの?

さすがに、日本人向けの中辛ということなので辛味は弱目です。
優しい辛さ。 お子様向けでしょうか。
まあ、広東風にふさわしいまろやかな辛さです。

家族みんなで食べられる麻婆豆腐だと思います。

あと、レンジ調理後に豆腐から水がけっこう出ましたが、味が薄くなることはありませんでした。
もしかしたら電子レンジ調理用としてその分も見越して作っているのかな?

これは従来の商品⬇︎

Amazon | 新宿中村屋 本格四川 辛さ、ほとばしる麻婆豆腐 155g×5個 | 中村屋 | 料理の素 通販
新宿中村屋 本格四川 辛さ、ほとばしる麻婆豆腐 155g×5個が料理の素ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました