東洋水産『マルちゃん 本気盛 麺屋一翔 コク辛鶏白湯ガーリックチーズカレー ラーメン』

コク辛鶏白湯ガーリックチーズカレー辛い食品の話題
辛さ満足レベル:
旨さ満足レベル:
※レベル表記方法についてはこちらのページを。
スポンサーリンク

欲張りらーめん!?

面白いカップラーメンを見つけました。

『鶏白湯に辛味を利かせたガーリックチーズカレー味ラーメン』だそうです。
しかも、Yahoo!ジャパンのラーメン企画で『次世代こってり部門』で優勝しているという!

コッテリで、コクがあって、辛くて、鶏白湯で、ガーリック、チーズ、カレー・・・・・。
欲張りだな(笑)
僕の好きなものの集大成のようなラーメンです。
非常に期待します!

Amazon | マルちゃん 本気盛 コク辛鶏白湯ガーリックチーズカレー味 102g×12個 | 本気盛 | ラーメン 通販
マルちゃん 本気盛 コク辛鶏白湯ガーリックチーズカレー味 102g×12個がラーメンストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

実店舗は青森にあるようです。
実店舗で同じメニューを展開しているかどうかは不明。
僕は青森はなかなか行くことがないし、行ったとしても麻婆豆腐を食べ歩くと思うので、このお店に行くことはないかもしれません。
でも、カップ麺とはいえど、そのお店の味が行かずとしてわかるのは良いですね。
どこまで再現できているかどうかはわかりませんけど。

お店の味再現系のラーメンって、実際にちゃんと味が再現できてたり、逆に実店舗よりもカップ麺の方が美味しかったり、もちろんお店の味には敵わなかったりと色々なんですよね。メーカーにもよるかもしれません。 
逆に、店主さんも納得いくまでしっかり監修してしないと、カップ麺のせいでお店のイメージも落ちてちまうって事にもなりかねませんからね。
実店舗に行けない人がカップ麺で食べて、「なんだ、あまりおいしくないじゃん」とか思ったりすることもあるでしょうから。
逆にカップ麺が美味しくて、「おいしい!実店舗はもっとおいしいんだろうな!行ってみたい。」と思わせられたら成功でしょう。

ところで、マルちゃん(東洋水産)のラーメン『本気盛(マジモリ)』シリーズって、何を本気になって盛ったのかがいまいちよくわからないんですよね。
具が本気盛りなわけでもないし、麺量も80gなので特に大盛りなわけでもない。
まあ、僕はダイエット中なので、大盛りじゃなくていいんですけどね。

どこで買った? いくらだった?

東京都港区のセブンイレブン芝浦ふ頭店で購入。
価格は税込みで232円でした。

原材料やカロリーは?

調味料の一番上には”香辛料”がきています。これはカレーの香辛料なのでしょう。カレー味に対する意気込みが感じられます。
次に砂糖・・・・。 砂糖そんなに入っているんだ・・。日本人はほんと砂糖好きだねぇ。
鶏白湯だからチキンエキスはいいとして、豚脂も入ってるんですね。鶏油じゃないのはコッテリを目指したからでしょうか。
で、『乳等を主原料とする食品』これがチーズ代わりですね。チーズじゃないんだ・・・。
そして、ポークエキスやら味噌やら入ってて、なかなか凝ってる感じがします。

カロリーは思いのほかそれほどは高カロリーではありませんでした。
コッテリで鶏白湯でチーズでカレーで本気盛りだと、すごいカロリー高そうなイメージですけどね。

内容は?

原材料には『添付調味料』と書かれていましたが、袋に入った調味料が添付されているわけではなく、あらかじめ縁と一緒に粉スープとかやくが入っています。
かやくは、鶏団子、キャベツ、フライドガーチック、メンマが入っているそうです。

作ってみます。

湯戻し時間はスタンダードな3分です。
麺も特別太麺でもないし、かやくの鶏団子も湯戻りしやすいのかもしれません。

湯戻しすると、具はそこそこありました。 でも、もっと具を”本気盛”して欲しいですけどね!
価格上がってもいいので。

しかし、スープがかなり溶け残っています。
かなりしっかり混ぜないと、なかなか粉末スープが溶けません。
でも、このスープをちゃんと溶かさないと本来の味が出ないと思うので、しっかり混ぜましょう。
でも、混ぜすぎるとスープが早く冷めそうな気もしますけどね。

食べてみます。

スープはかなりドロドロしています。
とろりとした食感で、普通にカレーラーメンの味しかしません。
鶏白湯味も、チーズもガーリックも、みんなカレー味に持ってかれているような感じです。
コクはしっかりありますが、こってり感は弱いです。
でも、”コク”や”とろみ”をコッテリと捉えるのであれば、こってりかもしれませんけど。

鶏団子は小さいですが、味は本物っぽいです。 ちゃんとあの鶏団子の味がしました。

ガーリックはフライドガーリックに依存してるようで、フライドガーリックを食べるとそこそこガーリックの風味があるのですが、基本的にはカレーの味がメインになっています。
一番よくわからなかったのがチーズでした。
しょうがないので、途中からシュレッドチーズとガーリックパウダーと七海涼辛子を投入して食べました。

最後にスープを飲み干すときにチキンの風味がやっとわかりました。
僕は鈍感なのかもしれませんが、でも何もインフォメーションなしでこれを食べたら、普通のカレーらーめんだと思うかもしれません。

辛いの?

一応、『コク辛〜』なので、辛い商品ではあるのですが、注意書きが必要なレベルではありません。
一般的な日本の中辛〜辛口レベルのカレーの辛さです。

僕が好きな要素を全部満たしているようなラーメンではありますが、そのそれぞれの要素が主張してくる感じではなく、よくあるカップカレーラーメンな感じで、目新しさやリピートしたくなるような美味しさまでは感じませんでした。
いや、普通には美味しかったですけど。
  
でも、本当にいつか機会があれば実店舗で本物を食べてみたいです。(実店舗にあるメニューなのかどうかは知りませんけど)

コメント

タイトルとURLをコピーしました