北海道きのこ王国『きのこフランク激辛』

激辛フランク辛い食品の話題
辛さ満足レベル:
旨さ満足レベル:
※レベル表記方法についてはこちらのページを。

北海道の洞爺湖と支笏湖を結ぶなにもない山道(とは言え国道なので整備されている)を走っていると、いきなりでかい駐車場とでかい建物が現れます。

googleストリートビューより

看板にはデカデカと『きのこ王国』と書かれていて、駐車場にはけっこう車も沢山とまっていて、賑わっている感じです。
前回(1年前)北海道に来たときもここを通ったのですが、その時は立ち寄らなかったので、今回は初めて立ち寄ってみることにしました。

ちなみに、きのこ王国の隣には、『フォーレスト276大滝』という道の駅があるのですが、そこは閉鎖されています。(結構綺麗そうなのに)
おそらく『きのこ王国』の勢力が凄すぎて閉鎖に追い込まれたのではないかと思われます。
伊達市のホームページによると、『道の駅「フォーレスト276大滝」は、改修工事の予定により2018年3月31日まで臨時休業としていましたが、現施設の老朽化により建て替えの検討をすることになりましたので、2021年3月31日まで休館(全館閉鎖)します。』
となっていますが、閉鎖から3年経っている今でも改修工事をされている様子もありませんでしたので、再起の見込みはない感じでしょうか?

さてさて、きのこ王国の駐車場は土曜日というのもあったせいか意外と混んでいました。
店内はかなり広く、物販や飲食コーナーや飲食スペースでごちゃごちゃしていました。店内はかなり賑わっていてびっくり。 こんな山の中なのに!⬇︎

google mapより

そして、たしかに『きのこ王国』と呼ぶにふさわしいくらいのきのこ関係の商品が沢山!!
きのこ汁はもちろん、きのこ入りおにぎりやきのこの天ぷらなど、きのこ関連の商品ばかりで、きのこ好きにはたまらない施設かもしれません。 僕もきのこは嫌いではないですが、好きというわけでもないです。
その中で『きのこフランク激辛』というのを発見したので買ってみました。

価格は税込みで一本390円です。 高いといえば高いですが、それなりには大きさはあります。
串焼き類は390円均一(税込み)になっていて、よりどり3本買えば1,080円(税込み)になるそうです。

その名の通り、きのこが練り込まれたフランクフルトです。 
ただ、なんのきのこが入っているのかは不明です。

激辛フランク

スティックは本物の骨ですが、なんの骨かはわかりません。 でも食べやすくて良いです。

皮はパリっとしていて、そこそこおいしいです。 僕はソーセージの味にはうるさいほうですが、これは悪くないです。

辛さについてですが、想像していたよりもちゃんと辛味はありました。
ぜんぜん激辛レベルではありませんが、しっかりと辛口です。
エキス類ではなくちゃんとした唐辛子の唐辛子の辛さだと思います。

日本のソーセージにありがちな嫌な甘さもないです。(日本のソーセージは砂糖や糖類をたっぷり使っていて甘ったるいのが多すぎる!)
ただ、きのこの効果はちょっとよくわかりませんでした。 意外と大粒のきのこが入っているのは見ればわかるのですが、もっとたっぷり入れてきのこを主張してほしかったところです。きのこのプルッとした食感が足されると面白かったのに!

時間がなかったのと、お腹の空き具合もあったので、今回はこれとキノコおにぎりしか食べませんでした(車の中で食べた)が、またいつか機会があれば揚げたてのきのこの天ぷらやきのこ汁なども食べてみたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました