キンレイ『なべやき屋キンレイ ガツンと辛い!がクセになる台湾ラーメン』

辛い食品の話題
辛さ満足レベル:
旨さ満足レベル:
※レベル表記方法についてはこちらのページを。

具入りで、温めるだけの冷凍台湾ラーメン。

冷凍食品メーカーの『キンレイ』から、新商品で『台湾ラーメン』が発売されていました。
ちなみに『キンレイ』は、大手日本酒のメーカー『月桂冠』のグループ会社らしいです。

この冷凍食品は具入りなので、鍋に入れて温めるだけで本格的な料理が完成します。
ストレートスープのまま冷凍されているので、水の追加も必要ありません。
すばらしい!

一応、辛味に関する注意書きが書かれています。

『辛味が強い商品ですので、小さなお子様や辛味の苦手な方は注意してお召し上がりください。』との事。
まあ、辛さに関しては最初から期待してませんけど!

どこで買った? いくらだった?

スーパーマーケット『ピーコックストア芝浦アイランド店(東京)』にて購入。
価格は、税込みで322円でした。
具入りのラーメンで322円の価格なら悪くはないかな。
台湾ラーメンは、お店で食べると800円くらいはしますから。

原材料やカロリーをチェック!

むむむ。 最近スマホのカメラが調子悪いのか、綺麗に撮れていない・・。

チキンベースのしょうゆスープで、にんにくも多めです。
砂糖も多めなのはちょっと気になりますが、非常にシンプルな原材料です。
具材は、もやし、にんにく、にら、豚肉、粒状大豆たんぱくなどです。
“粒状大豆たんぱく”は、ひき肉のカサ増し用の偽肉として使われているものだと思われます。

というか、モヤシ???  台湾ラーメンにモヤシだと???
個人的にモヤシは好きじゃないというのもありますが、モヤシは具のショボさをカバーする常套手段としてよく使われます。(原材料としても安いし)
台湾ラーメンにモヤシってのは聞いたことがないなぁ・・・。
本格的かもと思っていただけに、ちょっと残念なポイントかも。

カロリーは435kcalなので、思ったほど高くはありません。食塩相当量も5.5gなので、これもまたそれほどは多くありません。

作ってみます。

外袋を開けると、中にはこのような個体が入っています。

下半分はスープの塊になっています。

スープの面を下にして鍋に入れ、最初は弱火で温め、スープが溶けてきたら火を強めて、沸騰したら完成です。

食べてみます。

ちょっとニラが少ないかなぁ・・・。

そこそこ

意外にちゃんと辛い

もやしいらないけど、気になる量ではない。もやしいらないから挽肉とニラをふやしてほしいところ

コメント

タイトルとURLをコピーしました