アイランド食品『銘店伝説 元祖勝浦式坦々麺 江ざわ』Page1

勝浦式担担麺えざわ辛い食品の話題
辛さ満足レベル:
旨さ満足レベル:
※レベル表記方法についてはこちらのページを。
スポンサーリンク

“お店の味の再現”を目指す『銘店伝説シリーズ』のラーメンに、勝浦タンタンメンの元祖と言われる『江ざわ』が登場

千葉県のB級グルメのひとつとして有名な『勝浦タンタンメン』の発祥のお店(元祖)と言われるお店、『江ざわ』のチルド麺が売られていましたので買ってきました!!!

香川県の”アイランド食品”の製品です。 
“アイランド”食品はラーメンメーカーで、高速道路のSAやお土産店等で売られているご当地ラーメンをよく作っています。お土産屋さんなどで、有名店のラーメンが箱入りで売られているのを見かけますが、だいたいアイランド食品が製造元になっているものが多いです。稀に製造元(アイランド食品)の名前を出してない商品もありますが、パッケージとかでだいたいわかります。

アイランド食品は、最近『銘店伝説』という、”有名ラーメン店の完全再現を目指すチルド麺(冷蔵麺)”を出していて、スーパーマーケットとかで販売されるのをよく見かけるようになりました。
世の中には、「お店と全然味が違うのに、店主はそれでよくOKしたなぁ」というような商品も多いですが、『銘店伝説』は商品によっては「店主が納得するまで商品化は絶対にいたしません。」と書かれていたりするものもあります。(先日食べた、家系ラーメン総本山の吉村家の『銘店伝説』シリーズにはそう書かれていました。)
でも、今回買った『江ざわの勝浦式坦々麺』にはその文言は書かれていません。もしかして妥協があったのでしょうか? それとも、完成度が高くてすぐに店主が納得したのかな(笑)

『元祖勝浦式坦々麺 江ざわ』とは?

『元祖勝浦式坦々麺 江ざわ』は、勝浦タンタンメンの元祖と言われるお店で、もともとは千葉県の勝浦市ではなく、そのお隣の鴨川市にお店がありました。 現在は勝浦市に移転して営業しています。 人気店なので、待たずに食べる事は難しいです。
僕は、”江ざわ”がまだ鴨川市にあった頃に、3回訪問しているのですが、営業時間や定休日をあらかじめ調べた上でわざわざ東京から一般道で3時間かけて訪問したのにもかかわらず、一度目は臨時休業で、二度目は営業時間内だったのにスープ切れで閉店してたんです。で、三度目は開店時間ぴったりを狙って訪問したのですが、道が混んでなかったので開店時間の40分前に到着したにも関わらず、既に行列ができていて…..。並ぶのが大嫌いな僕ですが、観念して並びましたよ。
まあ、それでようやく食べることができたんです。

僕が実店舗で食べたのは、その鴨川にお店があった頃に一度きりです。
その時は、もちろん『担々麺』を食べたのですが、一番辛いという『大辛』を、わがまま言ってさらに激辛にしてもらったんです。

江ざわ『チャーシュー担々麺 大辛(をさらに激辛でオーダー)』 - ドラマー涼の激辛ブログ『Eat with fire!』
江ざわ『チャーシュー担々麺大辛(をさらに激辛でオーダー)』辛さレベル:☆☆☆旨さレベル:☆☆☆※レベル表記方法についてはこちらのページを。勝浦タンタンメンの元祖の『江ざわ』です。勝浦タンタンメンは、担担麺と区別するためにカタカナで『タンタンメン』と表記しているようですが、江ざわの看板は『タンタンメン』でも『担々麺』でも...

しかし、『大辛をさらに激辛』は、さすがに味のバランスが崩れていて、いまいちでした。 (辛さ調節はラー油の量で行っているっぽいです。)
それ以来は行ってないので、ノーマルの味を食べた事はないんです。多分、ノーマルで食べたら美味しかったんだと思うんです。人気店ですしね。おいしいはずなんです。(ちなみに、餃子がおいしかったなぁ)

僕は昔、飲食店で辛いものを食べるときは、むやみやたらになんでも『激辛で!』と注文していました。
しかし、お店で設定されてない辛さのものを無理言って頼んでしまうと、味が崩れることがけっこうあるんです。作り手はちゃんと味見できないのに、”どうにかして辛くしよう”と無理にがんばってしてしまうことがあるからです。 あと、意地で辛くしようとするお店もありましたね。
麻婆豆腐を例にとると、無理に辛くしようとして豆板醤を多く入れてしまったお店がありました。(辛いは辛いでも『塩辛い』になります)
あとは、ハバネロの酢漬けを入れてしまったり・・・(ハバネロ臭くなります。)
なので、最近は辛いものを食べるときはちゃんとお店側で設定した中で一番辛いものを食べるようにしています。作る人が、無理に辛くしようとして味を崩してしまう事があるので、作り手がちゃんと味見して納得した上で出しているのが理想です。。

まあ、そんな感じで、インスタントではありますが、7年越しにやっとお店のノーマルの味を食べられる日がやってきたわけです。

なぜ、担担麺でもタンタンメンでもなく、坦々麺なのか?

『勝浦タンタンメン』は、漢字ではなく、片仮名を使って『勝浦タンタンメン』とするのが一般的になっています。
ちなみに、『勝浦タンタンメン』という名称は、勝浦市で勝浦タンタンメンを出しているお店の組合団体『熱血!!勝浦タンタンメン船団(ONE勝浦企業組合)』によって商標登録されています。
地域活性化のために『勝浦タンタンメン』というブランドを立ち上げ、広めようとしたわけですね。
その結果もあってか、B級グルメのイベント『B-1グランプリ』で入賞したりして、『勝浦タンタンメン』の知名度をあげることに成功しています。

しかし、勝浦タンタンメンの元祖(発祥の店)と言われる『江ざわ』では、『勝浦タンタンメン』ではなく、あくまでも『元祖 勝浦式 坦々麺』と表記しています。 なぜなのでしょう?
そこには色々な大人の事情が絡んでいそうな・・・。


ちなみに、坦々麺は本来は『担々麺、担担麺)』と書くのが正しいです。
『坦』ではなく『担』です。 それは、担担麺は、発祥の四川では天秤棒をいで路上を売り歩いていた事に由来します。
日本ではたまに『坦々麺』と表記しているお店などを見かけますが、漢字を間違っているだけです。

しかし、今回買った商品のパッケージは『坦々麺』となっています。

パッケージの端に、このような説明が書かれていました。
⬇︎

なぜ『江ざわ』が『担々麺』ではなく『坦々麺』をいう漢字を使っているか?という理由が書かれています。

「この勝浦の地に根ざすように」という想いを込めて土へんの「坦」を使っています。

なんだそうです。
「漢字を間違っちゃったわけじゃないんだよ」と言いたいんだと思います。

しかし!!!

僕は、それは後付けの理由だと思うんです。
だって、僕が『江ざわ』に訪問した時(7年前)は、勝浦市ではなく、お隣の鴨川市にお店があったのですよ。
その時の看板がこれ⬇︎

鴨川にあった時に、看板はすでに『々麺』になっています。しかし、その時に店内にあったメニューには『々麺』と書かれていたのを僕は見逃してません(笑)。 
おそらく、看板を作った時に漢字を間違ってしまったんだと思うんです。
後から気付いたけど、訂正するにもお金がかかるので、そのままにしたのではないかと。

実際、『担々麺』を、間違って『坦々麺』にしてしまっているお店ってけっこう多いんです。
その理由として・・・
今はそうでもありませんが、20年くらい前はパソコン(ワープロもそうかな?)で『たんたんめん』を漢字変換しようとすると『担々麺』とか『担担麺』という候補が出てこなくて、「(地形などが)平坦な」という意味の『坦々』という漢字しか出てこなかったんです。
『坦々』と『担々』は非常に似ているので、変換で出てきた『坦々』に『麺』つけて、そのまま間違って使ってしまう事も多かったんだと思います。

ちなみに、『江ざわ』は、勝浦に移転した今でもお店の看板は引き続き『坦々麺』になっているようです。最初にメインの看板を誤字で『坦々麺』としてしまった以上、後には引けずに、上記のような理由を考えて継承しているのではないかと。(笑)
ちなみに、今現在でも店内のメニューはちゃんと『担々麺』になっているらしいです。

では、なぜ『元祖』のお店なのに、カタカナの『勝浦タンタンメン』という名称を使わず、『元祖 勝浦式 坦々麺』と名乗っているのでしょうか?
しかも、なんで鴨川にお店があったのに『勝浦式タンタンメン』の元祖だったのか?

色々調べてみたのですが、『江ざわ』の創業者は、もともと勝浦で『江ざわ食堂』という名前で大衆食堂をやっていたらしいのです。開業は1957年らしいです。
その時の看板メニューが、創業者が四川式担担麺にヒントを得て考案した『タンタン麺』だったということです。(胡麻風味の担担麺を再現したかったけど、胡麻(芝麻醤)が手に入らなかったらしい)
最初は食堂のメニューのひとつにしかすぎなかったのが、だんだんと評判になっていって、看板メニューになったらしいです。そして、市内のお店も続々と真似をしだしたのだとか。
しかし、1962年に創業者が亡くなって『江ざわ食堂』は閉店したそうなんです。ということはわずか5年しか営業してなかったってことですかね。
その後、創業者の息子さんが2001年に鴨川市で『江ざわ』という店名の勝浦式坦々麺の専門店として復活させたらしいのです。
でも、『復活』とは言っても、39年の空白があるわけです。その空白の39年という長い年月を考えると、創業者の下で修行して開店したという感じではなさそうな感じがします。
当時のレシピも継承できているのかはわかりません。しかし、必ずしも『元祖のレシピ=おいしい』とは限りませんからね。
「元祖」と名乗れる看板があったにせよ、おいしくなければ長続きしません。
現在でも『江ざわ』が繁盛店となっているというのは、おいしいのには間違いないのでしょう!

しかし、鴨川に開業した『江ざわ』は、当初はそれほどの行列店ではなく、土日にちょっと混み合う程度だったようです。しかし、2011年のB1グランプリで『勝浦タンタンメン』の名が知られるようになってからは、『発祥のお店』ということと、ブームのおかげもあって、お店は大繁盛し、2013年に勝浦市に凱旋移転したというわけらしいです。
やはり『元祖勝浦式』を謳っているのに鴨川にあるのは変だし、どうしても勝浦にお店を出したかったんでしょうね、きっと。(現在は二代目の息子さんが三代目として経営されているようです)

でも、先述の通り『勝浦タンタンメン』の名称は商標登録されているのです。 
商用で『勝浦タンタンメン』という名称を使う為には、登録者である『熱血!!勝浦タンタンメン船団(ONE勝浦企業組合)』に使用料を支払わなくてはなりません。
江ざわ側としては、「うちが発祥の店で元祖なのに、なぜ使用料を払わなきゃいけないんだ? うちはあくまでも『元祖勝浦式坦々麺』だ!!!」という感じで、あくまでも『勝浦タンタンメン』の名前は使いたくないのかもしれません。
だからか、今回買った商品のパッケージには『勝浦タンタンメン』の名称も勝浦タンタンメン船団のロゴなども一切表示されていません。

でも、勝浦タンタンメン船団のホームページには、勝浦タンタンメンの正規取扱店として『江ざわ』の名前は出ていますし、江ざわの現在の実店舗には、勝浦タンタンメン組合の証である『勝浦タンタンメン』ののぼり(旗)は立っているようですので、一応は『勝浦タンタンメン正規取扱店』になってはいるようです。

まあ、大人の世界ですから、色々な事情はありそうですね。

以上は、僕が独自に調べた情報で、年号の間違いなどはあるかもしれませんし、あくまでも僕の推測の域を出ないので、ここだけのネタとさせてください。

ということで、前置きがかなり長くなりましたので、ページを分けます。

次のページでは、いよいよ実食に移りたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました