燕江南『激辛水餃子』

辛い食品の話題
辛さ満足レベル:
旨さ満足レベル:
※レベル表記方法についてはこちらのページを。
スポンサーリンク

神戸中華街(南京町)にて

先日、両親がまともに神戸に行ったことがないというので、神戸までドライブに行ってきました。 息子は何回も行ったことがあるのにねぇ。 神戸に中華街があるのも知らなかったらしい。
ということで、神戸の中華街(南京町)に行ってきました。
行ったのは2020年の11月後半で、例の政府の旅行キャンペーンもしっかり使わせていただきましたよ。
しかし、神戸の中華街に行ってみてビックリ! 平日なのにかなり混んでて、しかも若い人の多いこと。 歩いている人、行列に並んでる人、公園にたむろしてる人、みんな20代くらいな感じ。
そう言えば、こないだ横浜中華街に行ったときに、老舗中華食材店のオヤジがぼやいてたな。
コロナになって、年配の人がぐっと減って、若い人ばかりが遊びに来るから商品が売れないって。
みんな点心とかタピオカとかを買って食べ歩くけど、中華食材を買う人なんかほとんどいないそうだ。
確かに、ここ(神戸)もそうだ。 点心を買って公園で食べている人の多いこと。

両親がお腹が空いたというので、とにかく空いてそうなお店に入ることにした。
そこにあったのが『焼小籠包専門店 燕江南』
店内を覗くとお客はいなさそう。 いや、並んでる店もあるくらい人が多いのに、誰もいないってどうよ? と思ったけど、父親が「ここでいい」というので入ることにしました。

しかし、”焼小龍包専門”とは書いてあるけど、ラーメンがあったり、水餃子があったり….。
ネットでサクッと調べてみたら、けっこう新しいお店らしく、2020年の6月頃にオープンしたっぽい。 コロナ禍真っ只中にオープン。 逞しいな。店員さんは全員大陸系の方たちでした。

呼び込みのおじさんが「他のお店は冷凍のものを使っているけど、うちは店内で作っている」と耳打ちしてきたけど、話半分で聞いていました。どうせ焼小龍包を食べに来たわけじゃないし!

店の表(入り口)にも出店(でみせ)があり、表の店で買った商品を店内で食べてもいいらしい。 でも、なぜか表の店と店内では会計は別々。 品揃えも違う。 
店内ではPayPayが使えるのに表では使えないとか、どうなっているんだ? 経営は同じようなことを言ってましたが。 ま、どうでもいいですけど。

母親は担担麺、父親もラーメンを頼んでたかな。というか”焼小籠包専門店”なのに誰も小籠包頼んでないし(笑)
僕は麻婆豆腐にしようと思って注文したら品切れとの事。 麻婆豆腐が品切れってどういうことよ?  じゃあ、炒飯! と思ったら炒飯も品切れだという・・・・。
しょうがないので、僕は激辛水餃子というのを頼みました。(小籠包も頼んであげなよ・・・)

水、有料!

料理が父親が薬を飲むので水が欲しいと言い出したので、店員さんを呼んでお水を頼んだら・・・

「水はありません。有料。」

と言われました。

思わず「へ?」と言ってしまったくらいです。あまりにも予想外だったので。
それ以上は突っ込みませんでしたが、水道水でもいいからサービスできないのかな。薬飲むだけなのに。 確かに中国ではレストランでも着席しても水は出てこないと言いますので、本格的な中国気分を味わうのにはぴったりだとは思います。
まあ水道水が飲めるのは日本くらいでしょうから、海外の感覚だと水は有料で当然かもしれませんけどね。僕もアメリカに住んでた頃は、飲料水はガロンボトルで買ってましたから。 
まあ、厳密に言えば日本の水道水も買っているんですけどね。水道料金払ってますから。 

そういえば昔、某中華料理店に麻婆豆腐を食べに行ったときにも「水は有料!800円!」と店員さんに偉そうにいわれた事があります。僕は食事の時は水をあまり飲まないのですが、口直しのときには水は欲しくなったりします。
でも、800円て・・・。 そういえば水800円で炎上した某フレンチシェフもいましたっけ。
まあ、ちゃんとした水が800円で、お客もそれを承知で頼むのはいいと思うんです。 
ミネラルウォーターなどはコンビニで買っても100円くらいはしますし、横浜の有名ホテルでサンペレグリノのミネラルウォーター(税込み847円)を注文して飲んでる人を見て、リッチだなぁと思ったこともあります。(ちなみにサンペリグリノはコストコで買うと1本あたり60円くらい)
でも、高級ホテルだって普通のお水を頼めば無料で持ってきてくれるのに、こんな庶民相手の点心のお店で水道水さえお出してくれないなんてちょっと萎えるなぁ。

激辛水餃子の値段は?

値段は、水有料のインパクトで忘れてしまいました(笑)
多分、普通の水餃子が500円だったので、激辛だと少し高めで550円〜600円くらいだったのかな?

水餃子は6個入です。

水餃子自体は普通においしい。
特筆する感じもなく、絶品という感じもなく、とにかく普通にはおいしい。
まあ、皮はもちもちして良い感じ。
スープは醤油ベースの中華スープです。

スープには辣油が浮いていて、唐辛子の欠片のようなものもちらほらはいっています。
どこかで食べたような味。

これは唐辛子のオイル漬けを使っているんじゃないかな?
こういうやつ⬇

Amazon.co.jp: 240gの2本セット 蒜蓉 朝天辣椒 激辛 にんにく入り唐辛子漬け 台湾 老騾子 240g x 2本: Food, Beverage & Alcohol
Amazon.co.jp: 240gの2本セット 蒜蓉 朝天辣椒 激辛 にんにく入り唐辛子漬け 台湾 老騾子 240g x 2本: Food, Beverage & Alcohol

激辛ヴァージョンは普通の中華スープにこの唐辛子のオイル漬け(台湾の朝天辣椒)を入れているのではないかと思われます。

この唐辛子のカットされた形やにんにくの断片は、やはり台湾の朝天辣椒っぽいですね。

辛い?

台湾の唐辛子のオイル漬けって、意外に辛いんです。  普通の唐辛子並にそこそこの辛さはあります。
この激辛水餃子は、餃子自体はぜんぜん辛くなく普通の水餃子なので、辛さはスープによる辛味のみとなります。
辛いのがそんなに得意じゃない人でも、スープを飲まずに餃子だけを食べるのであればそんなに辛くないかもしれません。(だったら普通の水餃子を頼めばいいんですが。)

スープを全部飲むとそこそこ辛いです。 唐辛子の風味も強めなので、生系の唐辛子の風味が苦手な人はちょっと抵抗があるかもしれません。 僕も唐辛子のオイル漬けの風味はそれほど好きではないのでスープの風味にはちょっと抵抗がありました。
水餃子の味は普通にはおいしかったです。

接客や雰囲気も含めて本格中国点心を楽しみたい方にはおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました