明星『175°DENO担担麺(カップ麺)』

辛い食品の話題
辛さ満足レベル:
旨さ満足レベル:
※レベル表記方法についてはこちらのページを。
スポンサーリンク

札幌の担担麺専門店のカップ麺

東京の銀座にもお店がある札幌の担担麺専門店『175°DENO担担麺』のカップ麺が出ていました。 汁ありヴァージョンの担担麺です。

僕は実店舗は未訪問です。 でも、去年、汁なし担担麺のカップを食べましたし、昨日、生麺の汁ありヴァージョンを昨日食べたばかりなのです。(生麺おいしかった)

⬆︎生麺ヴァージョン


店舗に関しての情報


どこで売ってた? 値段は?

久しぶりにファミリーマートに行ったら売ってました。どうやらファミマ限定らしいです。 値段は‎税込みで235円でした。

辛さレベルは5段階中の『3』となっています。

内容物など

調味油(おそらくラー油)は蓋の上に添付されています。

麺と粉末スープと具はあらかじめ麺と一緒に入っています。麺は細麺です。

具は、肉そぼろ、青梗菜、唐辛子ですね。

出来上がりはこんな感じ!

調理時間(湯戻し時間)は4分です。細麺の割には長めです。

かき混ぜて出来上がりです。

見た目はなかなかしっかり担担麺っぽい!!

しっかりと花椒の香りがします。

食べてみます。

最初の一口目に花椒の風味が飛び込んできます。
そして、かなり甘い・・・。
スープは味噌ベースで、コクや胡麻の風味は申し分ないのですが、ちょっと甘すぎるかも・・・。
昨日食べた生麺の方はスープのバランスがとてもよく、甘みもちょうど良いくらいだったんですけどね。
具は、ちょっと少なめではありますが、定番の青梗菜も入っていますし、彩りのために赤ピーマンを入れたりせずに、ちゃんといい色をした唐辛子を入れているのもいいですね。
大きめの肉そぼろは、日清カップヌードルの『謎肉』をちょっと小ぶりにしたみたいな感じです。

基本的な味は良いのですが、甘いのがちょっと邪魔をしてます。

辛さは?

程よい麻辣感がいい感じです。 辣味(唐辛子などの辛味)よりも麻味(花椒の痺れ)が効いているので、そのおかげで「辛い」と感じる人も多いと思いますが、実際は麻味が突出している感じです。
デフォのまま最後まで食べてみましたが、いい感じの麻味が口の中に残ります。
花椒に慣れていない人にはもしかしたらちょっときついかもしれません。

原材料やカロリーなど

読みにくいので転記します。

【原材料名】油揚げめん(小麦粉(国内製造)植物油脂、食塩、しょうゆ)、スープ(ねりごま、糖類、大豆加工品、でん粉、小麦粉、みそ、香辛料、食塩、香味調味料、粉末油脂、たん白加水分解物、香味油、乳等を主要原料とする食品、しょうゆ、乾燥酵母、植物油脂、粉末酢)、かやく(豚・鶏味付肉、チンゲン菜、赤唐辛子)/ 加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸カルシウム、かんすい、カラメル色素、乳化剤、香料、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に卵・乳成分・小麦・えび・牛肉・ごま・さけ・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

ねりごまもたっぷり使われているのは良いですが、やはり糖類がかなり多めに入ってそうです。 

すも使われているようですが、酸味はほぼ感じられず、隠し味程度だと思います。

カロリーは、まあこんなものかな・・・。

意外と食塩相当量は意外と少なめだと思います。 糖類も減らして欲しい・・・。

昨日食べた『菊水の生麺ヴァージョン』の方が美味しかったかなぁ。

菊水『175° DENO 担担麺 シビレ担担麺[汁あり](生麺)』
辛さ満足レベル:旨さ満足レベル:※レベル表記方法についてはこちらのページを。北海道の担担麺!このラーメンを作っている"菊水"は北海道の製麺会社です。そして、商品となっている『175° DENO 担担麺』というお店は北海道

⬆︎生麺ヴァージョン

コメント

タイトルとURLをコピーしました